日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.8 始動装置
 エンジンの始動にかかわる一連の装置で、エンジンの大きさ、用途などによりつぎのような方式がとられている。
 
 
1)手始動(ハンドスタート)
 15kW程度以下のエンジンは、クランキングハンドル、又はロープ等により手廻しで始動する事が出来る。
 この場合手廻しを容易にするために、歯車を用いて増速したり、チェンを用いてハンドルの位置を上部の便利なところに取り付けたものもある。ロープ式の場合、ローププーリに手で巻き付ける方式と、ロープが自動的に巻けるようにしたリコイルスタート方式とがある。
 
2・159図 手始動方式
 
2)電気始動
 エンジンのハズミ車の外周にリング状の歯車を装着し、スターティングモータのピニオンと噛み合わせエンジンを廻し始動する方式で、その電源はバッテリからとる。又、バッテリに対する充電は、エンジンに取り付けたオルタネータで行っている。
 スターティングモータには12Vと、24V仕様のものがありエンジンの大きさにより使い分けている。又大きなエンジンにはスターティングモータを2個使用したものもある。
 電気始動装置は、スターティングモータ、オルタネータ、バッテリ、スタータスイッチ等で構成されている。
(1)スターティングモータ
(イ)構造
 スターティングモータは、2・160図に示すような構造になっており、モータ部は回転するアーマチュア部分、磁界を作るフィールドコイル、アーマチュアに電流を流すブラシなどから構成されている。
 又エンジンとの結合離脱はマグネチックスイッチにより行われており、マグネチックスイッチはシフトレバーを介して、オーバランニングクラッチを動かしている。
 
2・160図 スターティングモータの構造図
 
(1)フィールドコイル
 ヨーク、ボールコア、ブラシ及びフィールドコイルから構成されている。
 フィールドコイルはボールコアに直接巻いたものをヨークヘ取り付け、樹脂で固定して、耐熱、耐振性を向上させている。
 
2・161図 フィールドコイルの構造
 
(2)アーマチュア
 アーマチュアはコア(鉄心)、シャフト、コイル、コンミテータなどで構成され、アーマチュアコイル全体を樹脂で固めて、耐熱耐振性を向上させている。又、シャフトにはねじスプラインが切ってあり、このためピニオンギヤの前進力はアーマチュアの回転力によっても得られ、その分だけマグネチックスイッチの小型化が可能となる。同時に回転力による前進力が極めて強いため噛み合いも良好となる。
 
2・162図 アーマチュア
 
(3)オーバランニングクラッチ
 オーバランニングクラッチは、エンジンの回転からアーマチュアのオーバランによる破損を防止するためのもので、ピニオンギヤの離脱をスムーズにする働きもしている。
 構造は2・163図に示すように、インナ(ピニオンギヤと一体)、アウタ(スプラインチューブと一体)、クラッチローラ、スプリングから構成されている。ローラの納まる凹部分は一方が狭くなっており、ローラは常にその狭い方にスプリングによって押しつけられている。
 
2・163図 クラッチの構造
 
(作動)
 2・164図に示すようにスターティングモータが始動すると、アーマチュアの回転を受け、アウタが矢印の方向に回転するとクラッチローラはスプリングでアウタ凹部と、インナの隙間の狭い方へ押しつけられるので、アウタとインナがロックされる。即ちローラがインナとアウタの間でくさびのような働きをしてアウタの回転をインナヘ伝え同じ速度で回転する。
 エンジンが始動し回転速度が上昇するとピニオンギヤがリングギヤで廻され、ピニオンギヤ(インナ)の回転がアウタ(アーマチュア)の回転より速くなり、クラッチローラは、スプリングを圧縮する方向に移動する。従ってアウタ凹部とインナの隙間が広くなり、インナとアウタがフリーとなり、アーマチュアのオーバランを防ぐ。
 
(拡大画面:24KB)
2・164図 オーバランニングクラッチの作動
 
(4)マグネチックスイッチ
 マグネチックスイッチはピニオンギヤの押し出しとモータ回路のメイン電流をON、OFFする働きをする。
 2・165図に示すようにシリースコイル(吸引コイル)とシャントコイル(保持コイル)、リターンスプリング、プランジャなどから構成されている。
 吸引コイルと保持コイルの巻き数は同じであるが、線の太さが異なっている。即ち吸引コイルは太い線で巻いてあり起磁力は大きく、保持コイルは小さくなっている。
 
2・165図 マグネチックスイッチの構造
 
(ロ)作動
 下記の順序で作動しエンジンを始動させる。(2・166図
(1)スタータスイッチを入れるとマグネチックスイッチのシリースコイル及びシャントコイルに電流が流れ、この電流によって生じた電磁力によりシフトレバーが引張られる。
(2)シフトレバーはクラッチと共にピニオンギヤを押し出し、ハズミ車のリングギヤに噛み合わせる。
(3)これと同時にマグネチックスイッチのシリースコイルに流れた電流はスターティングモータのフィールドコイル及びアーマチュアコイルにも流れて、アーマチュアを回転させピニオンクラッチに緩い回転を与える。
(4)ピニオンクラッチは緩く回転しながらアーマチュアシャフトに沿って押し出されるので、ピニオンギヤは確実にハズミ車のリングギヤに噛み合う。
(5)このときマグネチックスイッチのムービングコンタクタがステーショナリコンタクタを短絡してスターティングモータに主電流を流す。
(6)主電流が流れるとスターティングモータは強大な始動回転力を出してエンジンを始動させる。
(7)スタータスイッチを開にするとマグネチックスイッチの電磁力が消失してシフトレバーは軸に取り付けられたリターンスプリングの力で元の位置に引き戻される。
(8)シフトレバーが元の位置に戻ればピニオンギヤも元の位置に戻され、リングギヤとの噛み合いが解かれモータも止まる。
 
(拡大画面:44KB)
2・166図 スターティングモータの系統図







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
306,220

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から