日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2. ディーゼルエンジンの主なる構成と整備
 ディーゼルエンジンはそれぞれの用途によって各種各様の構造を持っているが、その基本原理は何れも同じであり、その構成も大体似た部分から成り立っている。その主要構成を調べて見ると大体次の部分に分けることができる。
(1)エンジン本体部
(2)エンジン運動部
(3)動弁装置
(4)潤滑装置
(5)冷却装置
(6)燃料装置
(7)調速装置
(8)始動装置
(9)過給機
(10)減速逆転装置
(11)リモートコントロール装置
 
2.1 エンジン本体部
 エンジン本体部はシリンダ、シリンダライナ、シリンダヘッド、燃焼室から成っている。
 
1)シリンダ
(1)構造と機能
 一般にシリンダブロックをさしクランクケースと一体又はシリンダとクランクケースを別々に作り、内部にはシリンダライナ、クランク軸、カム軸を取付け、上部にシリンダヘッド、下部にはオイルパンまたは台板等が取付けられ機関の本体となる部分である。材質は鋳鉄が主となっている。なお、シリンダブロックに潤滑油主管、冷却水管を内蔵したもの、又吸気マニホールドを一体構造として剛性を上げているものもある。
 シリンダの構造は主として次の3つの種類があり、その概要を2・8図に示す。
a)台板形:エンジンベッド(台板)の上に、クランク軸、主軸受が設けられるもの。
b)ハンガベアリング形:シリンダブロックに主軸受を吊り下げて取り付けたもので、下部にはオイルパン(油受)を取付ける。
c)メタル胴形:クランクケース部を長くし、クランク軸および主軸受を端面より挿入する形式のもので、別名トンネル形ともいい一般に小形単シリンダエンジンに多く用いられている。
 
2・8図 シリンダの構造
(拡大画面:26KB)
 
(2)点検と整備
 破損、亀裂のほか冷却水通路部やライナ嵌合部の腐蝕などを点検し、破損部分が軽度で大きな力が加わらぬ箇所であれば低温溶接やメタロックなどで補修する。亀裂の軽度なものは進行停止の孔をあけ低温溶接又はメタロックにて補修する。
 水通路や冷却ジャケット部などの腐蝕や浸蝕は軽度なものは凹部をデブコン補修し、その原因を調査して対策を考える。海水による腐蝕は防蝕亜鉛の状態を点検し、必要ならば交換する。
 各軸受メタルのハウジングの変形や穴部からの亀裂ならびにブッシュやメタル焼付によるハウジングの損傷は殆んどの場合シリンダを交換することになる。その他、水、油、空気などの通路孔の盲栓からの洩れについても点検する。
 台板については破損亀裂のほかビルジによる腐蝕などを点検すると共に機関台への据付足つけ根および主軸受やバランサ軸受を起点とする亀裂の有無に留意する。主軸受ハウジング穴変形、メタル焼付による焼損、バランサ軸受ブッシュ焼付による変形焼損などは交換する。
 又オイルパンについては腐蝕と亀裂を点検すると共に板金製の場合は破損、凹みなどの変形を点検する。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
800,355

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から