日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


第2章 ディーゼルエンジンおよび付属装置の構造機能と分解整備
1. 分解整備時の注意事項
1.1 分解整備の目的と工事の明確化
1)目的
 分解は、一般に故障修理のために行うことが殆んどですが、その他に取扱説明書に基づき行われる定期点検や操業前の点検整備、および保証ドック等の点検時に行われる。
 検査船に於ては船舶安全法により中間検査、定期検査、臨時検査などが義務づけられており、これらの検査に当っては検査官の指示に従い所要箇所の分解点検を受けなければならない。これらの目的を明確にしておくことが大切である。
 
2)整備工事内容の明確化
 分解する前に目的と工事内容を明確にしておくことが重要であり、必要最小限度に分解を止めるよう、作業開始前に十分徹底しておくことが大切である。また工事内容は以下に示すような事項を記載して客先依頼を含め互いに諒解しておくと便利である。書き方はそれぞれ自分の所にマッチしたものとすれば良い。
《工事内容の一例》
(1)注文主、連絡先
(2)注文番号
(3)船名、機関形式(メーカ名、出力、回転数、機関番号)
(4)工事内容(できるだけ具体的に書く)
(5)工事着手日および完成予定日
(6)工事場所
(7)予測される必要部品名、番号、数量
(8)検査の種類(JCI、JG、中検、定検など具体的に)
(9)機関の来歴(本工事に関連した事項について)
 
3)分解時の注意事項
 分解するからには必ず点検から組立修復までの工程があり、分解の仕方が悪ければ部品を破損したり紛失したりして組立てられなくなるので、適正な工具を用い正しい方法で分解することが必要である。従って機関の取扱説明書、整備マニュアルを事前に準備し、読んでおくことが大切である。
 分解した部品は整理整頓しておき、組立時に迷わないようにする配慮が必要である。締付けが弛んでいる箇所や折損、破損などの損傷部品を見つけたら記録しておき部品の準備をしなければならない。
(1)適正な工具で分解する
 ボルト、ナットは寸法にあったスパナを選んで使用し、できるだけボックスレンチやメガネレンチなどを使用して、ネジを弛める。パイプレンチやモンキレンチなどを使用してはいけない。油圧系統などは特殊頭のボルトが使われている場合があるので、6角レンチなど専用工具が必要になる。
 またエンジン専用の特殊工具を準備しなければ分解困難となる箇所もあり、必要に応じて専用特殊工具を用意する必要がある。
(2)組立てを考えて分解する
 相手部品とのなじみの問題を生じる部品にはペイントマーカ等で合せ番号を付けて組合せが変らないようにしておくこと。向きの判らなくなるような部品には合マークを付ける。長さを間違い易いボルト等は分解したあとのネジ穴へ軽くネジ込んでおくこと。オイルシールを使用している軸部分には傷を付けてはならない。ケガキマークのようなものは不注意に画いてはいけない。はめ合いが固くて抜けない時は無理に叩いてはいけない。適正な工具を用いて分解するなどの注意が必要である。
(3)部品の整理整頓
 分解した部品はそれぞれブロック別に分けて整理し、組立て時に判らなくなることの無いようにする。細かなナット、ワッシャ、ボルトなどは仕分け箱に入れておくこと。ゴミなどを嫌う燃料系統などのパイプや部品などにはゴミが入らぬよう注意が必要である。
 
1.2 部品の洗浄・点検・整備
1)部品の洗浄について
 分解した部品は点検がしやすいように必らず洗浄しなければならない。
(1)燃焼カーボン落し
 シリンダヘッド、ピストン、吸排気弁、過給機など燃焼ガスにさらされる部分には多くのカーボンが堆積付着しているのでカーボンの清掃が必要となる。このカーボンは固着していて簡単に取れないのでタガネやドライバなどで無理に削り落して、弁シートなどを傷つけぬように十分注意しなければならない。
 能率良く燃焼カーボンの清掃を行うには、市販のカーボン除去剤を用いる方法が効果的である。ただし、洗剤の使用に際しては使用法を誤らぬように十分注意が必要である。
(2)冷却器などの洗剤洗浄
 オイルクーラ、空気冷却器、清水クーラなど複雑な形状をしたこれらのものは、機械的な洗浄では十分な清掃ができにくいため洗剤により行う方法が効果的である。勿論洗剤については十分調査した上で選定すると共にその使用法を誤らないように留意することが大切である。
(3)洗い油による洗浄
 通常のゴミなどは洗い皿の中に洗い油を入れて洗浄するか、循環式の洗浄槽を利用して行うと良い。
 
2)部品の点検および検査
 部品を修理するか交換するかの判断は整備基準(修理基準や使用限度など)に基づいてきめられるが、点検ミスや判断に誤りが生じないようにしなければならない。またいい加減な判断をせず不明な点はメーカと相談の上、処置することが大切である。
(1)外観の点検
 外部の欠陥を目視で点検するが特に次の点に留意する。
(a)表面の状態
 ピストン摺動面の異常な摩耗、頂面及びリング溝等の亀裂、シリンダライナ内面の傷、軸受のかじり、軸受メタルやメッキの剥離溶損の有無等。
(b)破損の有無
 軸、歯車、ピストンリング、ばねなどの折損、破損の有無。
(c)腐蝕の状態
 ライナつば部および外周、シリンダやシリンダヘッドの水ジャケット部、ポンプ部品など海水、清水にさらされる部品の腐蝕状態。
(2)寸法計測
 重要な部品については各部の主要寸法を計測し、整備基準に従って限度を超えたものは修正又は交換する。機関を分解するごとに各部の主要寸法を計測し記録しておけば、異常摩耗か否かを直ちに判断することができる。
(3)亀裂の検査
 目視で発見できない傷や亀裂は、磁気探傷法あるいはカラーチェック法などの非破壊検査で調査し、異常が認められる場合は部品交換又はメーカと相談の上処置する。
(4)硬度検査
 ピストンピン、ギヤ等の焼入部品の硬さ試験に広く使用されているものにショア硬度計がある。持ち運びが便利であり測定も容易である。また、小形であることより船内での硬度測定に便利である。
 また、ハードネスタ(硬度比較ヤスリ)による硬度の測定法も軽便である。測定方法は、測定しようとする部品に硬度の判っているヤスリをかけ、そのかかり具合により硬さを比較測定する方法であり、ショア硬度計のように姿勢に拘束されることなく、測定することができる(但し、測定面に僅かな疵がつくことがあるので注意を要す)。
 
3)機関の整備基準
 機種別に定められた整備基準に従い、修正又は新品と交換するかを判断しなければならない。損傷、摩耗の程度によっては次回検査までの使用条件や使用時間などを考えて交換すべきか否かの判断を必要とし、大事を取り過ぎては修理費が増加し、軽く考えては大事を招く恐れがあり難しい判断が必要となる。この辺が舶用ディーゼルエンジンの整備にたずさわる者にとって長い経験と勘を必要とする重要なノウハウとなっている。なお整備に当っては各機種ごとの整備基準表に従い実施する。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
797,756

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から