日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.6 軸受損傷
 すべり軸受の損傷は、軸、ハウジング、潤滑油、速度、荷重、異物、温度等、軸受以外のものも含め、いくつかの要因がからみ複雑である。(補・21図参照)
 その対策については、法則、傾向性はあるものの、ある程度の予備知識、相当の経験と偏見のない公平さが常に要求される。ここでは、すべり軸受の損傷、事故の分類を7種類として概説する。
 損傷状況が複合している場合は、1次損傷を主原因として取り上げる。例えば、キズから焼付にいたった場合、焼付からハクリにいたった場合は、それぞれキズ、焼付として処置する。
 
補・21図 軸受特性要因図
(拡大画面:42KB)
 
1)キズ
 軸と共に硬い異物が軸受面を摺動して線状キズを造り、異物が軟かい軸受面に埋収、脱落して点状キズを作る。油膜厚さ、負荷、軸、軸受、表面形状、油流、材質、異物の種類、大きさ、形状などによってそれぞれ特徴のある挙動を示す。小さい多数の異物は、油の流出軌跡状の浸食キズとなることが多く、軸方向ミゾ端からは比較的大きい異物が出て線状キズとなることが多い。鉄系異物はくさび状先端からせまい油スキマへ引きずりこまれやすい。
 キズの特徴は、堀りおこされ、圧潰、溶解しても断面の組織的変化が少ないことである。
 
補・22図 キズの例
線状キズ痕
 
 
キズ部拡大
 
 
キズ部(B部)断面(組織の変化はなし)
 
 
キズ部深さ







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
477,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から