日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.5 すべり軸受関連部品についての留意点
 すべり軸受はハウジングに固定され、油を介して軸を支えている部品であり、これら関連部品や油は軸受の性能に対し大きな影響を与える。ここではすべり軸受の性能をフルに発揮させるために必要なこれら部品に対する留意点を示す。
 相手軸に関して特に留意すべき点は、表面粗さ、形状精度、材質があげられる。表面粗さは摩耗寿命や焼付損傷に影響するため極力細かくすることが望ましい。最近は加工技術の向上に支えられ、粗さがRmax.1μm以下のものも多く使用されるようになってきている。形状精度の低下は油膜形成を阻害し、焼付に至らしめるため注意を要する。(補・19図参照)
 
補・19図 良くない軸形状例
 
 ハウジングに関する留意点としては、形状精度や剛性、材質が上げられる。形状精度の低下は軸受の局部当りの原因となり、剛性はハウジングと軸受との間で生ずるフレッチング問題等につながるため、適切な剛性確保が必要である。
 油については、油膜を形成するのに必要な粘度と、軸受材が化学的な反応で腐食したりしないように、添加剤や油劣化状態に注意を要する。
 また油等に混入した異物については、軸受本来の性能を大きく損なう場合があり、オイルフィルタの選定やオイルメンテナンスに充分な注意を払う必要がある。(補・20図参照)
 
 
補・20図
使用油におけるオーバレイの腐食試験結果
(130℃×1000HRS)
(拡大画面:40KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
477,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から