日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > 諸芸.娯楽 > 成果物情報

マンガ・カリキュラム事業:早稲田大学国際部寄附講座報告書「マンガとアニメ:日本文化・社会の表現」

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


 堀江―日本でのコミックエディターの仕事を紹介します。アメリカではリービーさんが話したような仕事が主ですが、日本では、作品を作るために作家と協力することが大変重要です。皆さんは「北斗の拳」をご存知でしょうか。僕は編集者でしたが、「北斗の拳」のスクリプトを書いていました。だから、タイトルも「お前はもう死んでいる」というセリフも「経絡秘孔」突きも僕のアイデアです。このように、自分で作品のコンセプトを考えてコミックアーティストたちに提供する仕事も、日本のコミックエディターはするのです。
 日本では編集者は作家性というか、作家の能力を要求される場合が多いです。だから、僕達が新しい編集者を雇うときには、作文を書いてもらうことがあります。人が死ぬことをテーマに、必ず読者の涙を誘うようなショートストーリーを書くというものです。
 このように、日本のコミックエディターとアメリカのコミックエディターは少し違っています。日本はどちらかというと、毎日朝から晩まで作家と一緒にいて互いにブレーンストーミングをして、作品を作り上げていくことが仕事の大部分を占めます。ライセンスビジネスや、サウンドエフェクトを書き直すことは、編集者の仕事に入っていません。日本のマンガ編集者は毎日、マンガを読んで、映画を観て、芝居を観て、夜にはお酒を飲んで、これが全部仕事です。遊びに見えることが仕事だからとても幸せです。会社でマンガを読んでいても、コミック編集部なら「勉強しているね」とほめられます。ほかの部署だったら、怒られますけれどね。
 日本では週刊誌がメインですから、作家1人の才能では毎週のアイデアを作りつづけることはできないのです。だから、編集者が協力して作品を作るシステムが生まれたのだと思います。ほとんどの優秀な作品には、陰に優秀な編集者が付いているとみて間違いありません。
 日本のコミックビジネスは分かりやすくて、単行本の定価の10%が作家の取り分です。だから収入が分かりやすいのですが、力を貸した編集者は余り見返りがなかったのです。そこで、コアミックスは、編集者にもロイヤリティを払うシステムを作りました。
 「RAIJIN」の編集部は日本にあります。日本で編集して、アメリカにデータを送って印刷をしています。だから、皆さんのような若い人たちの中から、本当に最初からマンガの編集を知っているエディターが生まれたら、アメリカ人のマンガ家を育ててヒットマンガ家にする人材が生まれてくると思います。
 もし、日本でヒットを飛ばしたら、1年で億万長者になれます。うちで出している「蒼天の拳」「シティハンター」「エンジェルハート」などは、各巻当たり100万部、1年間で500万部ぐらい売れるので、500万×530円×数%が皆さんのものになるのです。「スラムダンク」は日本では1億部売れました。
 すでにアメリカで出版していますが、ハリウッドから映画をマンガにしてくれないかという話がいくつか来ています。僕はスクリプターの訓練をしていますから、打ち合わせをして、その場でスクリプトを作って、日本に持ち帰ってマンガ家と相談をしてマンガにすることが、簡単にできるのです。今は「スター・ウォーズ」のマンガ化の打ち合わせをしています。エピソード2と3の間のストーリーです。交渉中ですから実現するかどうかわかりませんが、これはこちらから持ちかけたのではなく、向こうから来た話なのです。
 アメリカでは今まで、日本のマンガはなかなか普通の書店では扱ってもらえませんでした。しかし、今回、僕達がアメリカで出版するに当たって、一般書店のディストリビューターが「少年ジャンプ」「RAIJIN」を販売したいと言って来てくれます。随分マンガに対する環境が変わってきたと思います。皆さんのように日本に来て、日本の文化を勉強された人たちがこの世界に入ってきてくれたら、すごい力になると思います。
 僕も30年前に早稲田大学で勉強していました。僕の姪が今、早稲田大学のバスケットボールチームのレギュラーでプレーしています。皆さんは僕の後輩ですから、今日は非常に楽しみにして来ました。
 
 野崎―エディターは、原作者に近くなっていると考えていいわけですね。マンガ家の原作力は昔はあったけれど、今は少しなくなってきていて、編集者が原作者になりつつあるという理解でいいのですか。
 
 堀江―ある部分、そうです。今、マンガの力を上げようとするなら、編集者の力を上げることです。マンガ家の力は昔とそれほど変わりません。
 
 野崎―それがアメリカでも生きるビジネスモデルだろうということですね。
 
 堀江―そうです。韓国でも、中国でも、日本のエディター・システムがないのです。優秀な編集者を育てることがマンガを根付かせる最短の道です。エディターは、映画で言えばプロデューサーに当たります。
 日本では、有名なマンガ家のところに行って、面白い作品を描いて下さいとお願いばかりする編集者は2流で、自分からこういうテーマがありますよと提案できる編集者が1流と言われます。ジョージ・ルーカスもそうですね。彼は原案を考えたけれど、スクリプトと監督は別の人にやらせます。そういう形のやり方も日本では多いのです。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
291位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
41,047

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第1回“マンガで育つ人間力”
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第2回“うちの学校ではマンガが正課”
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ授業)”
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第5回“マンガ館の教育的活用・学資融合の要”
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第6回“NHK子供がつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第7回“パソコンでマンガを描こう!日本の絵筆が世界標準!デジタルコミック展開!”
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”
9.虎ノ門DOJOブックス 「大丈夫か、日本の独立精神」
10.虎ノ門DOJOブックス 「日本の領土問題」
11.虎ノ門DOJOブックス 「知っていますか、日本の島」
12.虎ノ門DOJOブックス 「日本人のリーダー観」
13.虎ノ門DOJOブックス 「現場を動かすリーダー力」
14.東京財団政策研究シリーズ 『「政策連携」の時代』 上山信一著
15.モノグラフ・シリーズ No.7「『北東アジア開発銀行〔NEADB〕』の創設と日本の対外協力政策 ?21世紀型のモデルを目指して?」
16.モノグラフ・シリーズ No.8「社会資本の効率的形成のための政策評価手法の研究」
17.モノグラフ・シリーズ No.9「研究費の効率的運用に関する研究」
18.政策研究者海外ネットワーク(PRANJ)「ポリシー・アナリシス・レビューIII」
19.Five Proposals for the Establishment of a Northeast Asian Development Bank (NEADB) ?Towards the Japan-China-South Korea Summit (in November 2002) ?
20.東京財団・虎ノ門 DOJO「社会起業家シリーズ」講演録
21.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.3」
22.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.4」
23.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.5」
24.ヤングリーダー奨学基金事業「SYLFF Working Papers Number 19」
25.ヤングリーダー奨学基金事業「SYLFF Working Papers Number 20」
26.奨学事業部事業紹介小冊子
27.東京財団レポート第1号
28.財団プロフィール
29.2001年度年次報告書(英文)
30.2001年度年次報告書(和文)
31.財団コマーシャル・フィルム
32.WORKING PAPER 11.地域社会のリインベンション
33.政策提言書「『北東アジア開発銀行(NEADB)』創設のための5つの提言?日中韓首脳会合(2002.11)に向けて?」
34.全国フェスティバル報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から