日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船の科学館 資料ガイド3 南極観測船 宗谷

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


“宗谷(そうや)”を知っていますか?
 “宗谷”という船を知っていますか?
 今から50年程前の、昭和31年(1956)わが国初の南極観測船として、当時「未知の大陸」と呼ばれた南極へ行き、苦難のすえ南極観測を成功に導いた船です。
 この“宗谷”、実は建造されたのはさらに昔の昭和13年(1938)のこと、ソ連向けの耐氷型貨物船として進水しました。しかし、“地領丸”(ちりょうまる)の名で竣工(しゅんこう)、“宗谷”となるのは海軍に所属し特務艦(とくむかん)となってからです。
 その後、奇跡的に太平洋戦争を生き抜き、引揚げ(ひきあげ)船、灯台補給船の仕事を経て(へて)、大改造の後に栄光の南極観測船に変身して南極大陸へと向かったのです。
 「不可能を可能にした奇跡の船!」
 数奇(すうき)な運命をたどった“宗谷”の歴史は、まさに日本の昭和史そのものです。 さあ、それでは“宗谷”の歴史と魅力を一緒に探ってみることにしましょう!
 
 
(拡大画面:110KB)
 
お台場の近代的なビル群に囲まれて、鮮やかなオレンジ色の船体が美しい“宗谷”
 
青空にそびえる前部門型マスト
 
陽光に輝く白い航海船橋(ブリッジ)
 
南極観測当時の塗色にした救命浮環
 
古めかしい中にも威厳を感じる“宗谷”の操舵室







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
62位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
168,515

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.講演会の開催 「平成14年度海事講演会海船セミナー2002」講演録
2.海洋教室体験学習ハンドブック
3.東京湾シップウォッチングパスポート
4.船の科学館 もの知りシート
5.船の科学館 リーフレット
6.海事科学知識の普及啓蒙活動 写真
7.音声ガイドの使い方
8.船の科学館 音声ガイド 原稿
9.船の科学館 音声ガイド 原稿
10.船の科学館 音声ガイド 写真
11.音声ガイドシステム利用に係るアンケート調査報告書
12.マリンシアターの機器整備報告書
13.Q&Aシアターの機器整備報告書
14.シー&シップワールド及び青函ワールドの機器等の整備報告書・整備記念写真
15.操船シミュレーションの機器整備報告書
16.船長ロボットの機器整備点検報告書
17.「宗谷保存整備検討専門委員会」議事録
18.“宗谷”南極コーナー展示室エアコンの交換整備報告書
19.「ワールド シー ワールド 春・夏」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から