日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

東京湾シップウォッチングパスポート

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


東京港のあゆみ
昭和十六年五月二十日 東京港開港
 
 東京港は昔、江戸湊(みなと)とよばれ、江戸に住む人びとに必要な物を運びいれるため重要な役目をはたしてきました。
 江戸時代の終わり頃(幕末期)に、江戸幕府は外国との交流を閉ざす“鎖国”をやめて、神奈川をはじめ5つの港を開港しました。しかし、江戸湊は開港されませんでした。
 大正12年(1923)の関東大震災をきっかけに本格的なふ頭建設が始まり、大正14年(1925)に東京港最初の接岸施設、日の出桟橋(さんばし)が完成しました。
 それからは、芝浦ふ頭、竹芝ふ頭がつぎつぎに完成し、昭和16年(1941)5月20日に、東京港は近代的な港として念願の開港を実現しました。
 
昔の東京港 ふ頭風景
 
台場の移り変わり
海上保安庁発行海図第1065号
上の図は、昭和10年(1935)と昭和28年(1953)の東京港の台場の様子(海図)です。埋め立てが進んで、台場がしだいに姿を消しています。
 
昭和初期の台場
 
現在の台場
 
 この東京港に大正15年(1926)10月、国の史蹟に指定された2つの人工島「台場」があります。台場とは、江戸時代に造られた砲台(ほうだい)のことです。
 嘉永6年(1853)、アメリカのペリー提督率いる4隻の黒船がとつぜん浦賀に来航し、驚いた幕府は江戸を外国からまもるための策として、急いでこの台場を造りました。当初の計画では海上に11基、海岸に1基の計12基を造る予定でしたが、資金が不足し、実際には5基が完成しただけでした。
 戦後、東京港を利用する船舶が増えるにつれ、東京港の整備が進められました。それにともない、台場は昭和40年(1965)までには埋め立てられたり、撤去されたりして、今では第三、第六台場を残すのみになりました。また、第四台場の石垣の一部を、天王州アイル周辺で見ることができます。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,526位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
3,330

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.講演会の開催 「平成14年度海事講演会海船セミナー2002」講演録
2.海洋教室体験学習ハンドブック
3.船の科学館 資料ガイド3 南極観測船 宗谷
4.船の科学館 もの知りシート
5.船の科学館 リーフレット
6.海事科学知識の普及啓蒙活動 写真
7.音声ガイドの使い方
8.船の科学館 音声ガイド 原稿
9.船の科学館 音声ガイド 原稿
10.船の科学館 音声ガイド 写真
11.音声ガイドシステム利用に係るアンケート調査報告書
12.マリンシアターの機器整備報告書
13.Q&Aシアターの機器整備報告書
14.シー&シップワールド及び青函ワールドの機器等の整備報告書・整備記念写真
15.操船シミュレーションの機器整備報告書
16.船長ロボットの機器整備点検報告書
17.「宗谷保存整備検討専門委員会」議事録
18.“宗谷”南極コーナー展示室エアコンの交換整備報告書
19.「ワールド シー ワールド 春・夏」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から