日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


◆質的に変化した「日米韓の緊密な協調」
 九月一一日に同時多発テロ事件が発生して以来、「テロリズムとの戦い」が米国の対外政策の最大の目標として浮上し、そのための国際的な反テロ連合が世界の各地域で形成された。ブッシュ大統領が延期された東アジア訪問を早期に実現し、「テロリズムとの戦い」に最も協力的な同盟国の一つである日本を最初の訪問国に選んだのも、そのような努力を強化するためであった。事実、日本に滞在する問、ブッシュ大統領は小泉首相に対する信頼感を驚くほど率直に表明し続けた。
 ブッシュ政権のこのような外交戦略は、同じ共和党政権であるレーガン政権初期の戦略を踏襲している。カーター時代の失地を回復するために、レーガン大統領がソ連を「悪の帝国」と非難し、それに対抗するための「新冷戦連合」を構築したように、現在、ブッシュ大統領は国際テロリズム、すなわち「悪の枢軸」と戦うための「反テロ連合」を結成しようとしているのである。東アジアも、その例外ではない。
 また、レーガンと同じく、ブッシュ大統領はあらゆる選択肢を残したまま、「対話と抑止の境界」を曖昧(あいまい)にしつつ、「抑止力を背景とする交渉」を企図している。北朝鮮を含む「ならず者国家」と対決するためであれば、一般教書演説で指摘したように、MD(ミサイル防衛)計画の推進をためらわない。これも、レーガン政権のSDI(戦略防衛構想)に範を求めたものである。最大の相違点はレーガンが韓国に全斗煥大統領という盟友を持っていたのに対して、ブッシュ大統領がそれを持たないことである。
 しかし、そうだとすば、同じように「日米韓の緊密な協調」を掲げながらも、その内容はクリントン時代と相当に異なるはずである。要するに、北朝鮮を国際社会に積極的に参加させるための日米韓協調が、北朝鮮に大量殺傷兵器を放棄させることを最優先する日米韓協調に変化しつつあるのである。今回のブッシュ訪韓で試されたのは、韓国がどこまで同調できるかであった。
 事実、分断国家であり、戦争回避を最優先する韓国の立場は米国のグローバルな目標と必ずしも一致しない。ブッシュ訪韓の直前に韓昇洙外交通商部長官が更迭されるという異例の事態は、そのような米韓両国の立場の相違が表面化したものである。一月一四日の年頭記者会見で、金大中大統領が「(米国にも)北朝鮮の体面を立てる姿勢が必要なのではないか」と言明したのに対して、ハバード駐韓米大使は「(米国人の思考には)体面を立てるというものはない」と反論した。
 もちろん、韓国を訪問したブッシュ大統領は金大中大統領と韓国政府の立場に十分配慮して行動した。二月二〇日の米韓首脳会談や記者会見などで、ブッシュ大統領は米韓同盟の重要性を再確認しただけでなく、韓国政府が推進する「太陽(包容)政策」に明確な支持を表明し、「米国も北朝鮮と無条件で対話する用意がある」と言明したのである。しかし、それと同時に、北朝鮮が太陽政策を受け入れないことに失望を表明し、「世界で最も危険な政権」が「国民を飢えさせて、大量殺傷兵器を開発している」と指摘することも忘れなかった。
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
500,156

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
3.私はこう考える【天皇制について】
4.私はこう考える【国連について】
5.私はこう考える【ダム建設について】
6.私はこう考える【死刑廃止について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から