日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


産経新聞朝刊 2002年10月16日
社説検証 拉致事件 産経 解明を訴え続けた産経
 
 ■北朝鮮は「李恩恵」で誠意示せ
 ら致となれば、わが国に対する明らかな主権侵害となり外交上、放置することはできない。
 「李恩恵問題」は北朝鮮による国際的仲間入りの希望が本心かどうかを判断する試金石である。(3年5月17日)
 ■拉致国家に援助など不要
 日本からの被拉致者は複数に上るとみられる。そのうちの李恩恵(リ・ウンヘ)は日本名まですでに特定されているというのに、釈放もしない非人道的国家・北朝鮮に対し、人道を目的とした支援など必要ない。(9年3月14日)
 ■バスに飛び乗るのは危険
 日本との関係では、日本人七件十人の拉致疑惑、テポドン発射、北工作船の日本領海侵犯など、国の主権にかかわる重大な問題について、北朝鮮側は何ひとつ誠意ある姿勢を示してはいないのだ。
 対北外交で「バスに乗り遅れるな」意識は禁物であり、国としての対応を誤るおそれがある。(12年7月19日)
 ■テロ犯引き渡しに抗議する
 日本人拉致(らち)事件の犯人の一人である北朝鮮工作員、辛光洙・元服役囚(七一)があす、韓国から北朝鮮に送り返される。
 北朝鮮は辛・元服役囚をはじめ筋金入りの元工作員やゲリラ出身者など非転向の彼らを「英雄」として大々的に歓迎している。
 これでは北朝鮮は逆に、依然として「テロ国家」であることを自ら内外に誇示しているのも同然で、韓国政府もそれを手伝っていることになる。(12年9月1日)
 ■微笑外交に惑わされるな
 最近、北朝鮮が対話路線に転じたとされるが、本質は変わっていない。表面的な“微笑外交”に惑わされず、拉致問題などの交渉に毅然としてあたるべきである。(14年8月25日)
 ■大向こう受け狙いは禁物
 小泉純一郎首相が九月十七日に北朝鮮を訪問し、金正日総書記と会談することが決まった。ダイナミックな展開であるが、パフォーマンスに終わらせてはならない。拉致事件を対北朝鮮外交の中心に据えた国家戦略を明確にして首脳会談に臨むべきである。(14年8月31日)
 ■救出は国家の重い責務 両首脳にとって歴史的好機
 今回の首脳会談で、どこまで拉致事件解決のメドがつけば成果といえるのか。さまざまな議論があろうが、北側が「拉致」の事実を認め、八件十一人の安否の確認と、期限を定めた帰国の約束を取りつけることが最低条件である。
 首脳会談で、金総書記が被害者情報を小出しにするなど不誠実な対応を見せた場合、小泉首相には席を立って帰る覚悟が求められる。(14年9月15日)
 ■酷い、あまりにも酷い 「正常化交渉」前に真相究明を
 多くの国民は、ここまで非人間的な国家との国交正常化を前提としていたような日朝平壌宣言に納得しがたい思いを抱き、国交正常化交渉の再開そのものも手放しでは喜べないのではないだろうか。とりわけ小泉首相の記者会見と平壌宣言の間には、表現に大きな落差がある。この点も注視する必要があるだろう。(14年9月18日)
 ■酷い結末の教訓を生かせ
 問題とすべきは、日朝平壌宣言に拉致のくだりが一言もなかった点の解明と説明である。
 これでは、北朝鮮が本当に約束を守るのかどうか、疑わしい。日本政府は引き続き、拉致事件の解決を北朝鮮に強く迫っていかなければならない。(14年9月19日)
【写真説明】
北朝鮮からの安否情報を知らされ、記者会見する拉致被害者の家族たち=9月17日、衆議院第一議員会館
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
461,633

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から