日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


産経新聞朝刊 2002年9月28日
14年版警察白書 北朝鮮の諜報活動「戦後約50件を摘発」
 
 ◆日朝首脳会談「拉致謝罪」部分を急遽追加
 警察庁は二十七日、平成十四年版警察白書を公表した。「国際テロ情勢と警察の対応」の章で、北朝鮮の日本人拉致事件について金正日総書記が拉致の事実を認めたことに触れ、警察当局としては「外務省をはじめとする国内外の関係機関と連携し、所要の捜査の継続」を強調している。
 白書は日朝首脳会談前にまとめられたが、首脳会談で金総書記が日本人拉致の事実を認め、謝罪した部分について追加した。
 首脳会談で金総書記は、拉致は特殊機関の一部の妄動主義者と英雄主義者がやったこと、と説明したが、白書は拉致の目的について「必ずしも明らかではないが、北朝鮮工作員が日本人のごとく振る舞えるようにするための教育を行わせることや、北朝鮮工作員が日本に潜伏して拉致した者になりすまして活動できるようにすることなどとみられる」と分析した。
 北朝鮮の日本国内での諜報(ちようほう)活動について「戦後約五十事件を摘発。対韓国工作の拠点としての活動、在日米軍に関する情報収集活動などが行われている」と指摘。
 さらに、死亡と伝えられた元神戸市外大生の有本恵子さん=当時(二三)=拉致事件で、警視庁が結婚目的誘拐容疑で安部(本名・魚本)公博容疑者(五四)の逮捕状を取るなど日本人拉致に関与した「よど号」犯人グループについても言及。朝鮮労働党の指導の下で金日成主義に基づく日本革命を目指しているとして、「警察当局では北朝鮮の動向がわが国の治安に及ぼす影響に引き続き十分な注意を払っている」としている。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
461,633

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から