日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


読売新聞朝刊 1991年5月16日
金賢姫教育係の「恩恵」
埼玉出身 35歳元ホステス 子供残し、53年失跡
 
 一九八七年十一月の大韓航空機爆破事件で死刑判決を受けた後、特別赦免された金賢姫(キム・ヒョンヒ)元北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)工作員(二九)の日本人教育係とされた「李恩恵」(リ・ウンヘ)=日本名「ちとせ」=について、警察庁と埼玉県警は十五日、昭和五十三年六月ごろに失跡した東京都豊島区内の元キャバレーホステス(三五)である可能性が極めて強いと発表した。同庁では、身元確認の裏付けとなる物証がないため、断定はさけたものの、「間違いない」としている。
 同庁の幹部も、同日午前、ソウル市内で金元工作員に面会、写真照合してこの事実を確認した。同庁は今後消息を絶っている元ホステスに関して、拉致(らち)事件の疑いで捜査を進める。
 警察庁は昭和六十三年二月以降、捜査を進めてきた。その結果、女性は、埼玉県出身で、昭和三十年七月五日ごろの生まれ。同県内の公立高校を二年で中退、飲食店関係で働き、五十三年六月ごろまでの数か月間は、豊島区内のキャバレーで「ちとせ」という名前でホステスをしていたという。
 女性は高校中退の直後に結婚、失跡当時は離婚状態で、家族とも離れ、男女一人ずつの子供と生活していた。しかし、子供を託児所に預けたまま失跡、家族はその直後の五十三年七月四日、捜索願を出していた。
 この元ホステスの年齢、母親の出身地が新潟県の佐渡で、調理師免許があること、兄弟など親族関係などが、金元工作員が証言した「ちとせ」の特徴と酷似していることから、同庁などでは、この女性に間違いないと判断。今月十四日、警備局の漆間巌・外事一課長を韓国に派遣し、十五日午前、ソウル市内で複数人の女性の写真を金元工作員に見せたところ、彼女もこの元ホステスが「ちとせ」だとして写真を指したという。
 
 おことわり 「李恩恵」の日本名について、読売新聞社は、本人の失跡当時の状況が不明であること、残された二人の子供を含む親族のプライバシー、不測の事態などを考慮し、匿名としました。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
462,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から