日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


読売新聞朝刊 1988年1月16日
編集手帳
 
 目を伏せ、細い声で記者団の質問に答える「蜂谷真由美」を、テレビで見た。アイシャドーをし、唇には薄く紅もさしていた本名金賢姫(キム・ヒョンヒ)は「私は、だまされていた」と語った◆韓国の捜査当局が公表したところによると、この二十五歳になる女性は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の特殊工作員だという。服毒自殺した「蜂谷真一」こと金勝一(キム・スンイル)は上級工作員で、二人は父と娘を装い「対南工作」に従事した、としている◆百十五人もの貴い人命を奪った爆弾は、携帯ラジオに見せかけた時限装置と酒びんに入れた「液体爆発物」だった。爆破は、金正日・書記直筆の「指令書」によって行われた。九月に迫ったソウル五輪開催の“妨害”が目的と捜査報告書にある◆金賢姫は、スパイ養成機関などで徹底的に訓練された。名前通りの秀才で、熱烈な労働党党員と伝えられている。韓国民は悲惨な生活を強いられていると思想教育を受けた彼女は、ひたむきに工作に打ち込んだのであろうか。その幻想が、自分の目で確かめることで崩れたらしい◆東南アジアからヨーロッパに及ぶ工作舞台、七年八か月という長期訓練の内容は、おどろおどろしさに満ちている。事実は小説よりも奇なり、とはこのことだろう。バクダッドの空港では、いったんラジオの乾電池を見とがめられたものの「勝一」の抗議ですりぬけている◆在日本朝鮮人総連合会は、事実無根と否定した。まだ事件の全容が解明されたわけでもない。だが、公表の中身は世界に強い<衝撃波>を広げた。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
463,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から