日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


毎日新聞朝刊 1997年11月15日
与党訪朝団の会見要旨−−14日、平壌
 
 与党訪朝団の森喜朗団長が記者会見で発表した文書の要旨は以下の通り。
 一、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)在住の日本人妻の里帰りは労働党より人道的見地から継続して行うと表明され、歓迎した。
 一、与党3党訪朝団は会談で、寺越武志さんが早期に訪日できるように伝えた。
 一、与党3党訪問団は国交正常化交渉再開に向けた環境醸成を考える上で、重要問題として日本人拉致(らち)疑惑を取り上げ、早期解決に向けた建設的対応を求めた。
 一、労働党は、この問題を取り上げるのは環境醸成にはそぐわないが、日本側の立場を考慮して一般の行方不明者として調査を行う旨を述べた。
 一、こうした事実を踏まえ、双方は国交正常化交渉の早期再開について両国政府間で既に意見の一致がみられることを歓迎し、支援することで一致した。
 一、朝鮮半島の平和と安定に関しては、労働党より南北対話については韓国の当局者の立場を注視していくとの表明があった。与党3党訪朝団からは、朝鮮半島の平和と安定に関心を有しており、緊張緩和のために4者会談の実現を重視していくと述べた。
 一、与党3党訪朝団としては食糧支援について、国際機関より新たなアピールが出される場合には前向きに対応をするよう政府に働き掛けていきたいと考えている。
 一、労働党が日本を訪問するように要請した。【平壌・共同】
□写真説明 帰国を前に会見する森喜朗団長(右から2人目)ら与党訪朝団メンバー=平壌で14日正午、岩下幸一郎写す
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,943成果物中)

成果物アクセス数
463,647

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年7月8日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から