日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


毎日新聞朝刊 1991年5月16日
「恩恵」は都内の元ホステス 大韓機事件・金元工作員の教育係
 
 一九八七年十一月に起きた大韓航空機爆破事件の犯人とされた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員の日本人教育係「李恩恵(リ・ウネ)」の身元割り出しを進めていた警察庁と埼玉県警は十五日、埼玉県出身で新潟・佐渡生まれの母を持ち、中高生の一男一女がある元ホステス(35)と確認したとして、十七歳当時の元ホステスの写真を公表した。
 同庁によると、この元ホステスは埼玉県内の高校を中退後、東京都内のキャバレーで「ちとせ」と名乗っていたが、七八年六月、二十二歳の時姿を消して行方不明となった。元ホステスが「恩恵」ではないかとの見方は事件直後から浮かんでいたが、家族が現在も北朝鮮にいる本人の身を案じてか、詳しい事情説明に応じなかったことなどから難航していた。
 金元工作員によると「恩恵」は自分の名前を「ちとせ」と名乗ったと供述。家族について「母親は佐渡の出身で、調理師だった。埼玉県に住む姉はテニス選手で、夫と子供がいる。兄は会社員で、バングラデシュに出張したことがある」と語っていたとも述べていたが、これらは元ホステスの家族関係などと合致した、と公安当局は説明している。
 警察庁は十四日、捜査官を韓国に派遣。十五日午前に金元工作員と面会し、元ホステスの十七歳当時の写真を含む複数の顔写真を示したところ、元ホステスの写真を選んだという。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
463,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から