日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海洋科学技術研修TEXT

 事業名 マリンサイエンス・スクール事業
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5
(2) マルチナロービーム音響測深機(malti narrow beam echo sounder)による探査
 これは、たくさんの細い測深ビーム(音波)で海底の広範囲の測深や状況を知ることができる装置です。従来、海底地形図は、測深ビームが1本(単ビーム)型の音響測深機によって、観測船の真下の測深情報を基に作成されてきました。しかし、1970年代に米国(General instruments社)で、同時に多くの測深データを得ることができるマルチナロービーム型の音響測深機(商品名:Sea Beam)が開発されてからは点から面への測深技術の革新が行われました。
 マルチナロービーム音響測深機は、現在、「かいれい」「みらい」「よこすか」の各船舶に搭載されています。その装置は、図1に示したような12KHzの多数の送波ビームと狭い受波ビームとの組み合わせにより、(たて)2°×(よこ)2°の細いビーム(ペンシルビーム)を形成し、一度に多くの測深データを得ることができるため、水深のほぼ3〜4倍の範囲の海底地形図(図2)を作成することができます。なお、最近は、深海底の沈船や落下物を捜索する際の概査用としても活用されています。

z1035_01.jpg
 図1シービームの概要
(拡大画面: 89 KB)
z1035_02.jpg
 図2 シービームによる調査海域の海底地形図








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
592位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
16,410

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.マリンサイエンス・スクール2001報告書
2.「マリンサイエンス・スクール2001」ビデオ
3.社会貢献者の記録 平成13年度
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から