日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 滝川 春奈
 将来医者になることを心に誓った時から、解剖学実習は私にとって、避けることのできない医学への第一関門だった。実習が始まる前は、自分に一人の人間を解剖する資格がはたしてあるのだろうか、と不安で一杯だった。ご遺体の方も、かつては喜び笑い、悲しみながら生きぬいてきた人生があり、そしてご遺族や友人の方々の心の中ではまだ生き続けているのだと思うと、解剖をすることへの責任感の重さがひしひしと感じられた。
 半年間の実習を終えて、今では私の頭の中には人体の精密な構造図ができあがっている。これは本や図・写真だけの勉強では、あり得なかったことだろう。予習をする時、次々とでてくる部位の名称にとまどいその立体的位置や複雑な走向が理解できないことはしばしばであったが、実習を終えてみると、その構造も名称もすっかり頭の中に入っていた。あらためて自分の目で本物を実際に見ることの大切さを実感したと思う。
 実習や予習もつらかったが、何よりも一番大変だったのは、同じ班の中での人間関係ではなかっただろうか。週3回半日を共に過ごしただけに、「予習をしていない」「実習をやらない」「一人で実習を進めてしまう」など各自様々な不満をもっていたはずだ。もちろん私にもそのような不満はあったし、またさんざん仲間に対し迷惑をかけてもきた。しかしこのような密度の濃い時間を過ごすことで、相手を思いやることの大切さ、一人では何もできないのだということを思いしらされた。将来医師となって患者さんと接する時、またチームワークが求められる現代医療の現場では、相手とのコミュニケーションは欠くことのできないものである。相手のことを考え自己の行動に責任をもつ、あたり前のことかもしれないが、改ためてそれを実行することの難しさ、大切さを感じた。
 「亡くなった後の出会い」というのも不思議な感じがするが、今回の出会いは、私の人生において最も忘れられない大切な出会いの一つとなった。今後私達は医学の第二、第三の関門をくぐり抜けて医師を目指していくことになるだろうが、今回の実習で得た経験をもとに、日々努力を続けていきたいと思う。そして献体をして下さった方々とそのことを心よく承諾して下さったご遺族の方々に心から感謝を申しあげたい。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から