日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 安田 智子
 「黙」。
 解剖学実習最終日、私は長い間、目を閉じていた。約三ヶ月の解剖学実習から解放されたという安感と、最後までやり遂げたという達成感を得ていた。と同時に、何とも言えない切なく悲しい気持ちで胸がいっぱいだった。
 私達の班の御遺体は、小柄でとてもやさしい顔立ちをしたおばあさんだった。約三ヶ月の解剖学実習は発見と驚きの連続であったが、御遺体の小さな身体は、私に本当に多くのことを教えてくれた。いくつもの臓器が、ある空間にまるでパズルのように配置されていることに、私は大変感心した。机上の勉強とは異なり、いろいろな角度から一つの臓器を観ることによって、他の臓器とのつながりや、走行する血管や神経の役割を理解することができた。筋肉や骨の働きについても、実際に手に取って確認し、立体的イメージをつかむことができた。臨床の勉強が始まった今、解剖学実習で得た知識を求められることは多く、この実習は、土台として確実に生かされていると思う。我が大学だけではなく、どの大学をとっても、解剖学実習は厳しく大変と聞く。大量な予習と復習の成果を生かせず、夜遅くまで悪戦苦闘した日もあった。なかなか名前が覚えられず、先生に叱られた日もあった。しかし、私達医学生にとって、この実習は一番印象強く、かつ充実した経験として将来に残るだろう。
 最後に、献体して下さった方々とその御家族の皆様に深く感謝します。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から