日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 八反丸 善康
 「自分は平気でいられるだろう」と思っていた解剖学実習でしたが、実習の初日、白いカバーで覆われたご遺体の横で説明を受けている間から私は怖じ気づきそうになっていました。ご遺体を見た瞬間に自分の祖父母が亡くなった時のことを思い出し、もしこれが自分の祖父母の遺体であったら自分は解剖ができるだろうか、他人に解剖されたらどう思うだろうかなどと考え始めてご遺体にメスを入れることに躊躇しました。しかし、こんな情けない自分では献体して下さった方に申し訳がない。私達、医師を志す者の知識の礎となるためにこの方はいて下さるのだから、中途半端な気持ちで実習を迎えることはできない。やるからには精一杯の努力をしようと決意し、なんとか落ち着いて実習を始めることができました。
 最初は恐る恐る動かしていたメスも、剖出作業に慣れ、解剖が深部に進むにつれて人体の複雑さや精巧さに感心して、もっと詳しく見てみたいと、積極的に作業を進めていくようになりました。また、目的としている構造物が容易に剖出されることは稀であり、時間をかけながら慎重に目的物を探して、一つが見つかるとそれに関連して周囲の様々な構造も一気に把握できるような事がありますが、その時の喜びはとても大きいものでした。その知識を得ることの喜びがあるからこそ自分は解剖学実習を一生懸命続けることができたのだと思います。
 解剖学実習は、私にとって代え難い知識と経験を与えて下さいました。そして医学を学ぶ者への故人の期待を感じることができました。この貴重な経験を生かして、これらの人々の気持ちに答えるべく努力し立派な医師になりたいと思います。最後に、献体して下さった方々と御遺族に厚く感謝するとともに、御冥福を御祈りいたします。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から