日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 八木 優子
 人間は自分に近いものは存外知らないで、かえって離れたものに精通しているということは往往にしてあることで、天文学等が太古から発達してきたことにも顕著に表れている例かと私は思う。解剖学は、日常無意識に自身を操っていながら実はその実態を知りえない、精巧な人体構造というものを、ありのままに客観化して我々に提供してくれる。それは、御献体された方々のご好意なしにはありえない、実に希少な場である。私自身かつて無いほどの緊張感と好奇心とが交差する胸の高鳴りとともに初回に臨んだことがつい昨日のことのように思い出される。
 今改めて振り返ってみると、実習期間中は正直その場の膨大な作業や暗記をこなすことに追われてしまっていた。それ故、意識はやむを得ず器官、組織へと向かい、一つの尊い命を扱っているという概念は時に遠のきがちであったことも認めざるをえない。しかし、毎度の作業開始と終了時に捧げる黙祷こそ、感謝の意と将来の医療人としての使命感が再確認できる瞬間であった。この実習を通じて、神秘的ですらある人体の複雑さに感銘を覚えると同時に、医療人として当然もつべき生命への尊厳を肌で感じることができた。日進月歩で目まぐるしく変貌しつつある医学界、歯学においても画像診断等の発展に伴って解剖学の占める重要性は一層大きい。これを新たな第一歩として、初心忘れるべからず、夢に向かって日々弛まぬ努力をしていけたらと思う。ありがとうございました。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から