日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 法月 良江
 専門教科を習い始める二年後期、それと同時に医療人としての自覚も確かになっていく二年後期から約一年弱の間に、実際に人の体に触れ、見ることのできる解剖実習が経験できたことは、とても有意義だったと思う。
 まさに「百聞は一見に如ず」という言葉の通りだった。紙面で見るのとは全く違っていた。感触、厚み、強度、太さ等を実感できるのはもちろんのこと、臓器、血管、神経、筋肉、骨……様々な器官が一つの体の中で、意識的に、あるいは無意識的に関連して適切に働くことで“生命″というものが成り立っているということを、体で感じることができた。
 しかし、解剖実習中は、御遺体との格闘だった。教科書とは違い人それぞれ何らかの違いをもっていて必ずしも同じ場所に同じ様にあるとは限らないのである。その上、当然ながら全くの初心者なのでメスやピンセットの扱い方、班の人とのチームワーク等、全てがスムーズに進むわけではなかったが、目の前の御遺体から自分が学びとれる限界まで全てを吸収しょうと必至だった。
 その中で、体の不思議さ、生命の力強さ、偉大さ、尊さのようなものを御遺体から教えていただいた。目の前にいる一人一人が尊い命を持っているということを一人の人間として心に留めておかなければならない。
 この実習を通して得たものを今後につなげていくことが、御遺体、遺族の方々への何よりの供養だと思う。
 最後に御遺体、遺族の方、この実習を支えて下さった方に感謝し、故人のご冥福をお祈りいたします。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から