日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 宮下 卓
 二年後期から始まった解剖実習も、この三年前期をもって終わってしまった。
 人体解剖という授業は、現在歯学部・医学部でしか行われておらず、一生に二度とない位の経験をした様に思う。貴重な経験だからこそ、又何より献体して下さった故人、遺族の方々の思いを無駄にしない為にも、真剣になって、少しでも多くの事を実習を通して学び取ろうと努力したつもりである。
 体中の筋肉が、人間がする動作によってどの様に働いているのかという事は、教科書や専門書を読む事によって知る事ができる。しかし、そこで得た知識をより深く、確実な物にするには実際に本物を見てみれば良いのである。そうする事によって、自分は人体というものが精巧かつ合理的に形成されているという事を知る事ができた。又人体の神秘的な部分にも触れる事ができた。
 私達の大半は歯科医師を目指している。これからまだまだ先は長いと思うが、この解剖実習で得たものを生かして、進んでいこうと思う。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から