日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 濱田 康平
 解剖実習が始まる前に、医学とは異なる方面へ進んでいる友人と、この実習について話をした。そこで友人は次のような質問をしてきた。科学技術が進歩した現在、コンピュータ・グラフィックスなどの技術を利用すれば、実際の人体を使わなくても体の構造の勉強はできるのではないかと。
 当初解剖実習の様子もわからなかった私は、その場でこの質問に明確に答えることができなかった。しかし実習が始まると、直ちにその答えは明らかとなった。どんなに優れた文献で勉強するよりも、またどんなに詳細な説明を受けるよりも、実物を自分の目で見て、さらに手で触れることにより、人体の構造が明確に理解できるのである。そして実物を目の前にすることで、人体構造の巧妙さに多大なる感銘を受けたのだ。
 ところで、このような解剖実習は、我々医学生にとって当然の機会として与えられていると考えてよいのであろうか。私は「NO」であると思う。確かに解剖実習は、人体構造を理解し医学を学ぶ上で必須であろう。しかしこの実習には協力していただく方々がどうしても必要なのである。それは献体していただける方、そしてその御家族の方々である。この実習は、我々が将来世の中に対して貢献することを期待され与えられた、特別の機会であると思う。その期待に添うべく精進することが、この実習の機会を与えられた我々の最低限の義務であり、また医学の勉強はこのように周囲の人々に支えられていることを忘れてはならないと今自戒している次第である。
 最後に、共に協力しながら実習を進めてくれた同級生、何もわからない我々学生に辛抱強く丁寧なご教授をいただいた先生方に感謝いたします。そして献体していただいた方とその御家族に厚く御礼申し上げ、献体して下さった方々のご冥福を心からお祈りいたします。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から