日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 佐藤 弘隆
 「おじいちゃん……。」
 初めて、ご遺体と対面した時、亡くなった祖父を思いだした。容姿は違っても、目の前には、今年の二月に急死した祖父と同じようなご遺体が横たわっていた。知らずと目頭が熱くなり、つらい思いが込み上げた。その頃、まだ祖父の死を乗り越えていなかった私には、ご遺体との対面は、少々刺激が強かった。私は医学を志した時から、解剖には興味があった。人間の体のしくみを知りたい。心臓とか肺とか、臓器ってどんなものだろう、という素朴な疑問を抱いていた。しかし、いざご遺体の前に立った時、そんなことよりも、「この方はどうして亡くなったのだろうか、この方の家族はどういう思いで遺体を提供してくれたのだろうか。」ということを考えていた。それから、私は実習にとりかかるためにピンセットをにぎった。初日は何か無我夢中に実習していた。
 実習が進むにつれて、驚きの連続だった。想像していたよりも人間の体は、複雑で、なおかつ無駄がなく、合理的な構造をしていた。自分が解剖した所で、一番驚いたのは、上肢の解剖だった。手の平(掌)の中にある腱が、肘の所までつながっていて、肘にある筋をひっぱると指が動くのである。極めて難しい構造ではないけれども、単純に、「動く」ことに驚き感動した。そして、何よりも身にしみて感じたことは、実習が終わりの時期になると、何となくイメージとして、頭の中に人間の構造が思い浮かぶことである。皮膚や筋肉、血管、神経、内臓、関節、靭帯、骨など、以前はバラバラに感じたものが、一つになっていく気がした。今となっては、いろいろと解剖してしまったご遺体も、目をつぶってイメージすると、一つの体、一つの生命と感じる。まぎれもなく血液が全身を駆けめぐり、筋肉が躍動し、神経が刺激を伝導し、心臓の鼓動が鳴り響く、一人の人間であったことを感じる。
 私は、この解剖実習を通して、人体の構造もさることながら、人間のすばらしさを学んだ気がする。上手く言葉には表現できないが、実習する指先から、人の命の重さと大切さ、それ以外の何かが伝わってきた気がする。今では、私は祖父の死も受け入れることができていた。
 最後に、私達の解剖実習に協力して下さった、ご遺体とその家族の方々、本当にありがとうございました。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から