日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 地球科学.地学.地質学 > 成果物情報

海のサイエンスと情報(?)?海洋情報シンポジウムから?

 事業名 海洋データ研究
 団体名 日本水路協会  
2. 日本海の生い立ちと海底地形の特徴
 日本海は大陸と日本列島に囲まれた縁海で、その誕生は2800万年前に始まると考えられている。図1に示すように、日本海の海底地形は日本列島沿岸の小規模な海底山脈と海盆とが複雑に組み合って分布する海域(図1の楕円で囲まれた海域)、大陸性地殻からなる大和海嶺や朝鮮海台などの高所、そして日本海の北半分を占める水深3000mを越える日本海盆に大別される。
z1032_01.jpg
図1 日本海の海底地形と海峡部
3. 日本海の入口と出口
 図1に示すように、対馬海峡の幅は約170kmで、大部分の水深は120mより浅いが、200mより深い場所もある。日本海の入り口である対馬海峡の西方には黒潮水と東シナ海沿岸水との混合水が滞留している。この水は対馬海峡を挟む水位差によって日本海に入り、対馬海流となって日本海を暖めている。冬季に大陸から吹き出す季節風は乾いているが、その下部は日本海、特に対馬海流上で多量の水蒸気を受けて湿った空気となる。これが日本に上陸し山脈によって上昇すると凝結して雪となり、日本海沿岸に豪雪地帯が形成される。日本海の出口の一つである対馬海峡の長さは約100km、最狭部は20kmで、水深は300mより浅い。対馬海流の一部は津軽海峡を経て太平洋へ流出する。本州と北海道を結ぶ青函トンネルは、氷河時代の強い流れによってえぐられてできた窪地の田山海釜(水深344m)と須田海釜(水深284m)の間の鞍部(水深140m)の下の100mを貫いている。対馬海流は宗谷海峡(幅40km、水深30〜70m)も通って宗谷海流となってオホーツク海に注ぐが、最北の間宮海峡(最狭部7.4km、水深10m以浅)から流出する量は極めて少ない。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,053位
(29,250成果物中)

成果物アクセス数
8,415

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月18日

関連する他の成果物

1.MIRC News Letter No.9
2.MIRC News Letter No.10
3.MIRC活動要覧(2001年1月?2001年12月)
4.「平成13年度 海洋・船舶科学研究助成」助成対象者一覧表
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から