日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 地球科学.地学.地質学 > 成果物情報

海のサイエンスと情報(?)?海洋情報シンポジウムから?

 事業名 海洋データ研究
 団体名 日本水路協会  
4. 大和海嶺…アジア大陸のかけら
 大和海嶺(図2)は日本海の中心部に位置する巨大な台地状の高まりで、栄養塩の供給も豊富で好漁場となっている。大和海嶺は日本海が誕生するときにアジア大陸から引き裂かれた大陸塊の一部で、海嶺の中央にあって海嶺をほぼ南北に分ける大和舟状海盆(水深2100m)は、大陸地塊を引き裂く割れ目の痕跡と見ることができる。その南には大和堆(水深236m)が、北には北大和堆(水深397m)と拓洋堆(水深409m)がある。
z1033_01.jpg
図2 大和海嶺および周辺の海底地形








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
947位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
10,061

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.MIRC News Letter No.9
2.MIRC News Letter No.10
3.MIRC活動要覧(2001年1月?2001年12月)
4.「平成13年度 海洋・船舶科学研究助成」助成対象者一覧表
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から