日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

続日本の海岸はいま… 九十九里浜が消える!? ?漁港と海岸線の変遷?

 事業名 海洋・船舶の実情調査及び研究等
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


【清野】 このように、海岸侵食というのは自然の営みの一部なのです。しかし人為的な作用によって、自然のスケールを上回るようなスピードで侵食が進んでいるというのが問題になっています。こういった場所は、研究している間にもどんどん侵食が進んでしまったというのが残念です。これから研究が進んで、同様に砂浜の重要性などが証明されたとしても、その前に砂浜が無くなってしまったのでは遅いのです。

 

【宇多】 以前筑波大学の先生で、現在は大阪大学教授の砂村先生が、日本の海食崖の問題は1970年(昭和45年)代で終わりを告げたと明言しています。つまり、その時点をもって、日本中の海食崖の至るところに消波ブロックを並べ尽くしたので、もはや本来の意味での自然な海食崖というのは無くなってしまったという認識なのです。今、海食崖のことを研究している人はあまりいません。海岸工学の研究者も海食崖などには関心がなくて、むしろ最近では、砂の動きのプロセスなどを研究しています。

 

海食崖の前面には、ダンプトラックが1台通れる広さのコンクリート消波堤が10kmほど続いています。なぜ、ダンプが通れるようになっているのかというと、海食崖前面の海域には、海食台と呼ばれる水深の浅い平らな海底面が広がっているため、消波堤工事を行う作業船が接近できないからです。こうした海食崖前面の消波堤設置工事の際には、まず消波ブロックを並べ、その上に岩を並べ、さらにその上に平らなコンクリートを敷くという手順で進みますから、重機で徐々に進みながら作業せざるを得なくなります。このために道路のようになっているわけです。しかし、波の力は物凄いですから相当傷んでいます。

 

052-1.jpg

海食崖に直接波が作用していた頃の屏風ヶ浦 1970年(昭和45年)頃

 

052-2.jpg

消波堤が設置された現在の屏風ヶ浦は、波の作用をほとんど受けなくなったため、前面には安定した砂浜が広がり植生も見られる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
146,230

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.和船・舟大工等に関する調査
2.木造船に関する基礎調査報告書
3.「和船」「船大工」に関する調査報告
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から