日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

アジア・西太平洋研究ネットワーク 研修テキスト

 事業名 アジア・西太平洋海洋研究ネットワークの構築
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


tion Experiment (WOCE) program completed a gloval ocean survey, collecting as many temperature and salinity profiles (20,000) as were taken over the previous 100 years. Argo will provide 3,000 profiles down to 2,000 meters depth every ten days.

Argo floats well be deployed from a variety of ships and aircraft (see next page). Hundred of commercial vessels that ply trading routes across the globe can deploy floats just as they now make meteorogical observations and drop instruments that give a single ocean profile. The remotest regions of the ocean can be seeded by air. The great advantage of the floats is that. After deployment, they will continue to operate unattended.

Once fully implemented, Argo will constitute an oceanic equivalent of the worldwide network of balloon borne radiosondes just as the radiosondes contribute to accurate three-to five-day weather fore-casts, Argo will contribute to accurate climate predictions.

The schematic above shows the Argo float cycle, with communications and position reporting by satellite At left, the principal components of an Argo Float.

 

144-1.gif

 

144-2.gif

 

144-3.gif

Positions in December 1998 of 190 profiling floats gathering data in the North Atlantic Ocean.

Observing the Ocean in Real Time 9

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,358位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
6,737

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.神戸港を起点とする海上観光航路の開発に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から