日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

日本列島沿海における「船競漕」の存在分布調査報告書

 事業名 日本列島沿海における「船競漕」の存在確認調査
 団体名 東海水産科学協会 海の博物館 注目度注目度5


★「ひったか・おしくらんご」とまとめて呼ばれる笠岡市金浦の伝統行事。「おしくらんご」が競漕行事であるのに対して、「ひったか」は夜、東西の山に提灯を灯し、その絵模様の美しさを競う行事。ともに源平合戦に端を発するという。

漁師の若者が紅白に分かれて、正午前後の満潮時に競漕をする。かつては褌姿の青年が沖合1kmの所から港に向けて力漕した。勝てば大漁といわれた。しかし、櫓が漕げる青年が少なくなり、行事の維持が難しく、平成12年はついに中止となった。

源平合戦に始まるというこの古い行事も昭和36年にいったん中止となり、途絶えていたが昭和62年に復活し続けられていたもの。再び中止となった。

 

063-1.gif

 

◆広島県

 

4] 内海ふれあいフェスティバル

・広島県沼隈郡内海町

・10月中旬

・町役場地域振興課 TEL0849-86-3111

★6、7年前、船を借りて一回だけやったが、その後はない。

 

5] 因島水軍まつり 海のまつり小早レース

・広島県因島市

・8月最後の日曜日 市アメニティ公園

・まつり実行委員会 TEL08452-2-1311

・小早船(土地名 櫂伝馬) 櫂 漕ぎ手14人 大櫂(梶)1人 太鼓1人 16人乗り

★2000年は第10回大会。かつての村上水軍を偲んではじまった櫂伝馬のレース。東野町が基本を教えたという。因島周辺各地から参加があり、三重県鳥羽市も参加している。

 

063-2.gif

063-3.gif

063-4.gif

 

6] おしぶね

・広島県因島市土生町箱崎

・5月5日(現在はない)

・和船 櫓 10人乗り

★地区を東西に分けておこなわれた。沖が勝てば豊漁、丘が勝てば豊作という。船は新造のものを使った。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
322位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
32,501

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.K?GPSを用いた水路測量の効率化の研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から