日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

日本列島沿海における「船競漕」の存在分布調査報告書

 事業名 日本列島沿海における「船競漕」の存在確認調査
 団体名 東海水産科学協会 海の博物館 注目度注目度5


◆兵庫県

 

30] ぼうぜペーロンフェスタ

・兵庫県飾磨郡家島町坊勢

・8月最初の土曜日 坊勢西ノ浦公共埋立地前

・実行委員会 家島町坊勢支所 TEL07932-7-1001

・ペーロン 櫂 漕ぎ手20人 太鼓打ち1人 ドラ打ち1人 22人乗り

★往復400mのコースで、一般男子、女子、オープン、小学生、中学生(男女混合)の5種目がある。船は木造とFRP船をともに使用。

 

061-1.gif

 

31] 相生ペーロン祭

・兵庫県相生市

・5月最終日曜日 相生湾

・ペーロン祭り協賛会 相生市経済振興課 TEL0791-23-7133

・ペーロン(木造) パドル 漕ぎ手28人 大櫂(梶)1人 太鼓打ち1人 ドラ1人 艇長1人 32人乗り

★播州地方に初夏を告げる一大イベント。歴史も長く規模も大きなペーロン大会である。

予選600m、決勝900mの往復コースで競われる。

また、レース中にペーロン船による御座船曳航による天白神社への海上渡御がある。競漕大会の沿革について相生市の資料によれば、大正11年に長崎県出身の播磨造船所従業員によって伝えられ、終戦までは毎年5月27日の海軍記念日に同社構内天白神社の例祭として、ボートレースと共におこなわれてきたが、この異国情緒あふれるペーロン競漕を絶やすことなく続けたいと、戦後、市・商工会議所・播磨造船所の共催による「相生港まつり」として開催し、現在の祭りの基礎を築いた。昭和37年には市・商工会議所・石川島播磨重工業の三者により「相生ペーロン祭協賛会」を結成し、翌昭和38年からは「相生ペーロン祭」として盛大におこなわれている。

昭和28年頃の船の大きさは長さ13.55m、幅1.75mで艇長、舵取り、監督2名、太鼓、ドラ、漕手34名の計40名であったが、その後何度か造り替えられ、現在は長さ12m、幅1.58mで乗り手の数は32名になっている。

 

061-2.gif

 

32] 坂越の船祭り

・兵庫県赤穂市

・10月12日 赤穂市坂越

・赤穂市立歴史博物館 TEL0791-43-4600

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
322位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
32,486

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.K?GPSを用いた水路測量の効率化の研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から