日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

開発途上国の都市公共交通整備支援事業

 事業名 開発途上国の都市公共交通整備支援事業
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


3.3 将来予想される都市公共交通の問題

現在の都市交通政策に大きな変更がなく、大きな投資が行われない(Do-Nothing)ケースでの分析結果は、次のとおりである。

 

1] 道路の著しい渋滞

バスや会社のバス(フェリー)を利用する人数が530万人(現状の2倍)に増加し、道路の著しい混雑、バス交通サービスの悪化が予想される。また、これらバス利用者を運ぶのに、約26000台のバス車両が必要となり、約20000台が不足する。

 

表3.1 バス必要台数の分析

027-1.gif

 

2] 鉄道輸送力の不足

鉄道利用者は、現在に7.3万人から25万人と3倍に増加する。現在のサービス水準(速度、運行頻度)では、これに対応することは難しく、2020年には、環状線は5分間隔での運行が必要となる。また、車両の増加、運行本数の増加も今の軌道のみでは限界があり、線路容量そのものが不足することが予想され、新たな路線の建設、環状線複々線化が必要となる。

 

表3.2 環状鉄道輸送能力の評価

027-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,000位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
9,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.平成12年度 アジア太平洋地域における民間航空訓練センター整備状況調査 調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から