日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


1. 自然を食べよう!野草&山菜

 

ほろ苦い旬の味わい

風がゆるみ、陽射しが温かくなる早春。冬の間の間伐も一段落し、手入れされた里山を眺めると作業以外の楽しみが見えてくる。3月も半ばを過ぎると木の芽や山菜たちが芽吹く季節。フキノトウ、ノビル、ハコベ、ワラビ、ゼンマイ、ヤブカンゾウ、セリ、タラの芽、ニワトコの若芽、ツクシ、タンポポなど、里山に自生する植物は調理次第で食卓の立派な惣菜になる。

野草、山菜は一般にアクが強く生食できるものは少ない。さっと湯通しし、おひたしや和え物、味噌汁の具にする。もっともポピュラーなのがてんぷら。油を通すことで苦味が中和され、ほろ苦い旬の味が楽しめる。

 

078-1.gif

春の訪れを告げるヤブカンゾウとフキノトウ

 

078-2.gif

ニワトコの新芽を摘む

 

手軽に現地で野草茶

普段はまるで天敵のように刈られるミヤコザサも、葉を火で少し焙って煮出すと香ばしいお茶になる。また、よく見かけるクロモジも小枝を1cmほどに切り適量に熱湯を注ぐとクロモジ茶ができる。清涼感のある香りとほのかな甘味。これはストーブとコッフェルがあれば手軽にでき、観察会などでも好評である。

山菜、茸に共通することだが、当然、マナーを守ることが大切。根こそぎ抜けば多年草であってもそこで命は終わり、乱獲すれば数は減る。竹林の所有者とのタケノコに関するトラブルも多い。里山保全に関わるものにとっては、山菜摘みや茸狩りは、第三者に対して、楽しみと環境保全を伝える格好の材料でもある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
116位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
107,661

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から