日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


2. 動物のフィールドサインを捜そう

 

フィールドサインとは

里山には多くの野生動物が生息しているとはいっても、管理作業をしている時にその生きた姿を見かけるということはめったにない。しかし注意して見ればその動物がそこを生活の場所にしているという証拠(サイン)はそこここに見つかるはずだ。

例えば“けもの道”。動物がいつも通るルートは、同じ薮でもなんとなく感じが違って見えるはずだ。もしそんな所があったら、そのルートをたどって見ると“糞”や“足跡”が見つかるかもしれない。また何かを“食べた跡”が見つかるかもしれない。フィールドサインとはそうした野生動物の生活の痕跡のことである。

フィールドサインから自分たちが管理する里山の共生者(先住者)を見極めることができれば、彼等のためにどんな植生管理が必要か…といった里山管理のテーマも見えてくるだろう。

 

079-1.gif

こんな梅鉢型の足跡があれば“里のけもの”が住んでいる

 

079-2.gif

シカの角研ぎ跡

 

079-3.gif

かきの種が入った糞。落とし主は誰かな

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
116位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
107,661

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から