日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


2. 里山の再生と活用

 

里山が大切な理由の一つとして、既にそこに豊かな緑量の「森」が在ることが挙げられます。いったん緑を剥ぎ取ってしまってから、造成地に植樹して、新たに「森」を復元しようとしても、一定の緑量に達するまでには長い年月を必要とします。

二つ目に、人間の手が加わっているとはいえ、里山の森林はその地域の気候条件や土壌条件に適応して成立したものであるため、一定の抵抗性を持っていることが挙げられます。つまり、造成地に森をつくる場合とは異なり、台風対策の必要や、長期にわたる夏の日照り時にも、水をやる必要が全くないなど、基本的には管理の費用や手数がかからないことです。

 

032-1.gif

里山の活性化に炭焼きは欠かせない

 

三つ目に、里山は多種類の植物で構成されており、さらに落葉・落枝を分解する土壌動物や土壌微生物、それに野生動物や野鳥も一体となった、多層社会(生態系)を形成していることも見逃せません。人間がいつまでも健康的に、安心して生活していけることを望むと同時に、これら里山の動植物も安心して生きていけるように、その生息場所を守ってやらなければならないのです。なぜなら人間自身が生きながらえ、また、もっと知的で文化的な生物にレベルアップするためにも、里山の動植物はもちろん、微生物に至るまで、良き協力者として、また未知の情報の提供者として、無くてはならない存在だからです。現に人間は里山の動植物や微生物から様々な薬品を得てきており、そこは、まだまだ未知のものが無数に秘められている宝庫でもあるのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
112位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
110,451

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から