日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


046-1.gif

図11 アルミ粉で可視化された偏西風の模型

 

8. 山岳波

山の風下では、しばしば気流が上下に波打ち、時として、激しい乱気流を発生させて飛行の障害になる。その原因は、大気が鉛直方向に密度成層をなしていることにある。山岳波の上昇気流の部分に雲が発生するので、山脈の上に、上空からみると稜線に沿った縞状の雲が発生する。図12は、その一例で、南オーストラリアの上空に発生した山岳波がスペースシャトルに乗った宇宙飛行士によって撮影されたものである。

 

046-2.gif

図12 スペースシャトルから撮影された山岳波(南オーストラリア)

 

この現象は密度成層流体を使って再現することができる。図13は、実際に実験した容器の模式図である。右上にある2つの水槽に、それぞれ、濃い塩水と真水を入れ、真水に撹拌装置をつけて、真水を撹拌する。2つの水槽はサイホンで連結する。真水の容器の水を実験水槽に注入すると、最初は真水が実験容器に入るが、次第に真水の容器に塩水が流入するため、実験容器に入る水の密度が増加する。このような装置で、鉛直方向に密度が直線的に変化する流体層を作ることができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
124位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
102,276

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から