日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


ただ、問題はこのような対応をどこの職場でもできるという可能性は多くはないであろうということでしょう。

 

(4) 職場復帰の方法

職場復帰委員会をもっているところなどでは、その結果をみて最終的に職場復帰の可否や、どこの職場に配置するのかを決めるようにしているようです。

漠然と「無理をさせないように」ということでなく、文書で仕事のこと、受診に関することなどを決めている場合もあり、産業医、健康管理医などが、分かりやすく提示するのもいい方法と思いますし、指導区分ということで、国家公務員の場合は制度化しているようです。

職場復帰した職員への、上司や同僚の対応というのは、簡単なことではありませんただやさしくすればいいというものでもないし、本人の状況をみながら、医師やカウンセラーとも相談しながらきめ細かくということになります。このことについては、カウンセリング・マインドということはもちろん、もともとの本人の性格などをよく知っていることが大切ですし、どういう対応をするかは一人一人違うということ、このような点については、後で述べる管理職などへのメンタルヘルス教育というのが役に立つのではないかと思います。

 

職場復帰

職場復帰可能の判定

判定委員会の設置

全快か軽快か

診断書の表現の問題

軽勤務とは何か

元の職場か配置転換か

指導区分

試し出勤

今後の見通し

上司の対処と同僚の対処

再発予防対策

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
29,583

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から