日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


とりあえず、医師の診断書に従うとして、軽作業という指示があるなら、何かそれに見合った仕事を探さなければいけないことになります。ところが、現実の問題としては果たして軽作業というような仕事があるかどうかということでしょう。むしろそういう仕事は職場としては探してもなかなか見つからないというのが正直なところかもしれません。

もちろん、職場不適応に陥った人が適切な対応によって、ほとんど元の仕事に戻っても大丈夫だという状態に回復することもあるわけですから、ある程度まではよくなっているが、どうも職場に戻って完全に元の仕事に就くのは少し無理だという判断の時にこの問題が出てくるわけです。これは職場不適応の性質や背景にあるものによって左右されることが多いと思われます。

 

(3) 職場復帰後の問題について

そこでもう一つ大きな問題があります。今の時点では完全に回復していない、したがってあいまいないい方ですが軽作業を見つけてそれをやってもらうとして、いつになったら完全に復帰できるのか。どこの職場でも定員というのがありますから、そういう職員を抱え込んでいると、他の職員の負担が大きくなるであろうということは目に見えています。

ここでは、主として心の問題について述べているのですが、身体的な疾患の場合、例えば胃潰瘍で手術を受けた職員が、職場に出てきて、医師の指示で、最初の一ヶ月は半日勤務、次の一ヶ月は一日の勤務でいいが、残業、超勤、出張は控えるように、次の月からは、全く通常勤務でいいということになると見通しがある程度つきますから、職員同士お互いのことだからと、見守ってやることができるわけです。ところが、職場不適応や精神疾患の場合、なかなかその見通しを付けにくいということがあります。仕事をしながら徐々に様子をみてということになると、「だれもなりたくて病気になったわけではない」とはいいながらも、長くなると他の職員の不満が表面化してくるというのも無理のないこととも思われます。カウンセリング・マインドということはともかくとして、職場はリハビリテーションの場ではないのではないかという声も出てくるわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
347位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
29,695

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から