日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


(2) 職場復帰について

ここでは、メンタルヘルスに関して取り上げてきていますので、心の病気についての職場復帰等について考えていきます。これについては、更に上司や周囲の配慮、つまりカウンセリング・マインドということが重要になってくると思います。具体的な職場復帰の手続きなどということになりますと、単に疲れたからしばらく休んだというようなことは別として、少し長期に休んだ場合などは、大抵何らかの医療的な関与があると考えられます。もちろん薬の投与などだけでなく、カウンセリングなども含むわけですが。

そこで、職場復帰に関しては、本人の希望もさることながら、職場復帰が大丈夫かどうかという客観的な判断も必要となってきます。

よく職場復帰判定委員会というものを設けているところがありますが、具体的にどこの職場へ戻すかなどということについては、事務的な問題も出てくるでしょうから、人事や厚生関係の人たちの関与も必要ですが、心の病気の種類や程度にもよりますが、病気休暇や休職をしていた場合には、診療に従事していた医師にまず職場復帰可能かどうかの判断を求めることになります。

当然、医学的な判断が第一ですが、本人や家族の希望というのも無視できないわけです。

医師としては、少し首をかしげるような場合でも、本人の強い希望があったりすると、職場復帰可という診断書が出てしまうこともあり得ます。

また実際にあった例ですが、自宅療養をしている職員がいて、「身体のどこも具合が悪いようには見えない」ということで隣近所の目が気になる、子供が学校で「君のところのお父さんは、ずっと家にいるけれど会社へ行かないの」と友達に言われ、帰宅して父にどうしたのかと聞いたとか、また「休んでいて、収入が減りローンの返済を含めて家計が苦しい」からなどのために、職場復帰してもいいという診断書を発行して欲しいという申し出があったということがあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
29,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から