日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


(4) ストレスにどう対処するか

ここで取り上げているのは、職場として、上司としてどうすることが大事なのかということで、ストレスに対して個人個人がどう対応するかということは、必ずしも直接の関係はないかもしれませんが、参考までに、ストレスにはどう対処するかということを簡単に説明しておきます。

ストレスとはどんなものか、それによってどんなことが起こってくるのかということは、すでに説明しましたし、具体的にどんなことがストレスになるかも表示しました。

考えてみれば、ストレスの無い生活などということはあり得ないわけで、生きていることそのものがストレスだという人さえあります。私は、むしろ、ストレスなんかありませんという人がいたらその人の方が問題だとさえ思います。ストレスがあることを自覚し、ではどうするかと考えることが大切なことですが、職場のメンタルヘルスの中では、「気付き」と「受け皿」ということが大事だといわれるようです。「受け皿」ということは、すでに述べたことが大部分ですが、ともかく、個人個人にストレスがたまっているとか、このところ疲れがたまっているとか、自覚することからスタートするわけです。

ア ストレスに対する心構え

ストレスということを最初にいい出したセリエは、「ストレスは人生のスパイスである」ともいっています。解釈はいろいろにできるかと思いますが、あるものならそれから逃げないで、生きていくためのエネルギーとしたらということかもしれません。そこで私なりにストレスに対応する「三ない主義」というのを考えてみました。

ストレスは生きている限り必ずあるという前提にたてば、それから逃げるという考えは、無意味なことになります。よくストレスに強い人とか弱い人とかいいますが、それはストレスに立ち向かうということではないと思います。結局あるものはあるとして、それと同居してうまくやっていこうということなのだと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
29,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から