日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


3] 「進む方向の予測を持てる」ように話し合うこと

Aさんのようなケースの場合、本人が出社しながら治療するのか、それとも治療に専念するのかの判断を総合的に行う必要があります。その場合、主治医には守秘義務がありますから、上司が電話で本人の状況を聞くというやり方は難しいのです。主治医に直接会って、本人の仕事の内容を伝え、上司としてどういう対応をしたらいいかアドバイスを頼むことが大事でしょう。

休養を要するというときには、業務命令的に早めに休ませ、家族にも適宜、定期的に報告してもらい、一体となって回復に努力することが一般的な対応法です。本人に対しては、復帰後の予測ができるような話し合いや説明を行うことが大事です。

以上の3点を行うことによって、この先が八方ふさがりではないことを本人が理解できれば、心身の健康を一日も早く回復したいという意欲がわいてくるはずです。

その後、Aさんは軽いうつ状態ということで、一か月の休みで復帰しました。定期的な通院と服薬を続けられるような勤務体制が組まれ、仕事の負担は上司と本人の話し合いによって軽減されました。それ以外は本人の自尊心を配慮して、いっさい特別扱いはしないというやり方にしました。その後の定期異動で支店に出たあとはまったく問題はないという話です。

 

ケース4 セクシュアル・ハラスメントを防止するためのカウンセリング・マインド

男の上司が部下の女性に、彼女の私生活に言及しつつ、業務上の注意をしました。管理者として必要な指導をしただけと上司は考えていましたが、女性のほうは上司の行為を「セクハラ」だと会社に訴えました。上司にとっては不本意でしたが、今ではその女性から訴訟でも起こされるのではないかと心配で一睡もできなくなったと訴えました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から