日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


熱く語ることも監督者には重要なポイントといえます。

オ 自己主張・責任

自己主張とは、引くに引けない線をおかされた時にき然として「ノー」といえることです。例えば自分が無視されたり、過剰な要求を突きつけられたり、プライドが傷つけられたりした時には断固として自分の考えを述べなくてはなりません。部下に対してもしかるべき時には、しかることも必要です。最近はちょっとしかっただけで辞めてしまうからと部下をしかることのできない人がいます。それでは部下はついてきません。しかることはあってもそれ以上にほめればいいのです。そしていざという時には毅然と部下をかばって自己主張ができるように心掛けておけば、部下が困った時に安心して頼れることができるのです。

3] 相談業務に従事する人の心掛け

次に相談業務に従事している人の場合の心掛けについてふれておきましょう。相談業務を受けもっている場合は、準専門家としての対応をする必要があります。職員の能力の開発というよりも悩みの解決という点に重点がおかれます。

ア 守秘義務を守る

直接相談室に相談をしにくる場合は、上司にも言えず切羽詰まった時が多いものです。相談した内容は秘密を守るという雰囲気を作って安心してもらいます。上司に相談する必要があれば、本人の了解を得てから話をします。すべてを話すのではなく、選択をして、話しておいた方がよいと思われることだけを話します。

 

039-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から