日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


ウ 職員の能力開発と育成―適材適所―

スキルの足りない職員へは、直接スキルを指導したり、情報の足りない職員へはヒントを与えたり、十分活躍している職員へはその成果をみんなの前で評価したりと一人一人に適した能力の開発とその育成の計画を持つ事です。仕事のできる職員は手出しを余りしないで、とことん信じてみることも大切です。信じられていると感じることにより、責任感が生まれて成果につながっていきます。もちろん「失敗しても私にまかせろ」と安心感を与えることも監督者の役割です。部下一人一人に適した役割を与えます。自分に適した役割を与えられることにより、やる気も出て能率も向上します。時にはローテーションをしてみるのもいいでしょう。監督者は上手に部下を使ってこそ、監督者なのです。

2] 監督者としての心掛け

ア 職員との人間関係

監督者としての役割をきちんと果たしていれば、当然部下との信頼関係が築かれているはずです。よい人間関係を継続させるには、絶対に秘密厳守です。部下からの相談をだれかに話すことや、すぐに関係者を呼んで「事実か事実でないのか」の事情聴集をしないことです。うわさが広まって、相談した事を後悔してしまうことになり、相談した部下ばかりでなく周囲の部下も大事なことを話してくれなくなってしまいます。あくまでも「部下のために」をモットーと心掛ける事です。だれでも自分はかわいいものですが、自分の利益のことばかり考えている人には、利益のからむ人間しか近づいてこないものです。

イ 自己開示

自分のことを語れる人は自分に満足感がある人です。人が何と言おうと自分はこれでよいと思っているから、隠しだても少なくなります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から