日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


その他日ごろから人事情報に目を通しておけば、多方面からの理解が可能となるでしょう。

7] 行動化の援助をする

今抱えている問題をどうしたらよいのでしょう。悩みを解消したり、問題行動を改めたり、もっとやりがいを感じるようになりたかったりと個々により事情が異なります。でもどんな問題でもそれを解決するための努力が必要です。問題解決や目標の達成という行動化はカウンセリング・マインドの目標でもあります。そのために情報を提供したり、支持や助言を与えて励ましたり、時には苦言や忠告そしてほめたり、しかったりということをします。相手に適した援助法を試みながら、最終的には相手が自分で目標を達成できれば、自信が生まれるはずです。

8] 自己受容

自信が付けば、自己評価も上がります。今後の問題にも自分自身で対処することができるようにもなるでしょう。自分の可能性を信じ、客観的に自分を見つめて、自己チェックを心掛けていけば自己啓発につながっていきます。自分で自分をほめることは大切なことなのです。周囲の目を気にせずに、自分らしく生きることができれば、幸福な人生といえるでしょう。

 

(4) カウンセリングとは?

ここまでは、カウンセリング・マインドを「カウンセリングを日常生活のシーンに取り入れて生きていこうというこころがけ」と定義づけして、ポイントを挙げてみました。それではそのカウンセリングとは何でしょうか。

国分康孝先生の定義では「カウンセリングとは、言語的及び非言語的コミュニケーションを通して行動変容を試みる人間関係」ということになっています。カウンセリングには、様々な理論や技法がありますが、共通項はコミュニケーションを通してカウンセラーと相談者が問題解決のために行う協同作業ということになります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から