日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


最近は、能力主義、成果主義を取り入れる職場が増えていますが、上司と部下の間で「評価」に対するトラブルが起こる場合も多々あります。

このようなトラブルが起こるときは、往々にして上司の説明不足という原因がその背景に潜んでいるようです。評価の基準などをきちんと説明しておかなかったために、部下のほうが疑心暗鬼を募らせ、お互いの人間関係を悪化させてしまったというものです。

また、人事異動の場合にも、上司の説明不足によるトラブルがよく見受けられます。

説明をきちんとするということは、自分の考え方を押し付けるということとは全く別のことです。

情報不足というのは、人間の心をとても不安なものにします。ですから、必要な情報をより多く提供するということは、相手の不安を和らげるためにも、大切なことなのです。

昨今は、アカウンタビリティ(説明責任)というものが、リーダーの条件とされています。政治家や公務員が国民や住民に対して説明責任を負う、あるいは企業が株主や顧客や社会全体に対して説明責任を負うということですが、これは市民や株主などに対してだけではなく、部下に対しても、同じことが言えます。部下に対してきちんと説明できるスキルはリーダーとしての重要な能力となっているのです。

「説明をする」ということは、相手を尊重しているからこそ行えることですし、その情報提供が相手の不安を和らげることにもつながりますから、これもカウンセリング・マインドの一環といえるのです。

さらには、説明をしたうえで、相手がそれを分かってくれたかどうかをきちんと「聴いて確認をする」ということも重要なことといえます。

 

(11) カウンセリング・マインドは自分のためにもなる

カウンセリング・マインドは、第一義的には「他人のため」の考え方であり態度です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から