日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


(8) 広がる価値観ギャップとダイバーシティ(多様性)尊重の必要性

社会構造が変化し、横並び社会が崩壊した以上、もはや、価値観の多様化は避けることができません。

実際に、価値観の多様化現象はすでに始まっています。例えば、キャリアについていえば、「若いうちから仕事を頑張って行い、スピード昇進コースを進んで、早くハッピー・リタイアメントをしたい」という人もいれば、逆に、「のんびりと仕事をしていきたい」という人もいます。お金に関しても考え方はまちまちで、たくさん稼ぎたい人もいれば、お金よりも別のものを重視するという人もいます。また、職場に対して育児出産などに対する配慮を求める人もいれば、子供は生まないのでそのようなサービスはいらないという人もいます。年金制度などに対しても、自分の働く団体や会社にそれを求める人もいれば、逆に、自己責任で自分のことはやるので福祉も福利厚生も年金制度も最小限でよいという考え方の人もいます。

いずれにしても、キャリアに対する価値観も、お金に対する価値観も、家庭に対する価値観も、福祉政策に対する価値観も、もはや一律のものではありません。ですから、その対応においても、多様な方策が必要とされています。福利厚生などの分野で、自分の必要なサービスをメニューの中から選べるカフェテリア・プランを取り入れる企業が出てきているのもこの流れです。

こうした価値観の多様化の流れは、職場内に限った現象ではありません。外部の人たち、つまり公共団体でいえば住民がそれに当たりますし、企業でいえば顧客がそれに当たりますが、住民や顧客の考え方も多様化の方向へ進んでいます。企業は顧客ニーズの多様化に対応したサービスを考え始めていますが、公共団体でも、一律のサービスではなく、住民個々人の価値観に応じて選択ができるような対応が求められ始めています。

「まず相手の話を聴く」というカウンセリング・マインドの考え方は、職場内だけではなく、住民サービスや顧客サービスの観点からも重要性が増してきているといえるのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から