日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


(3) 実践の経験の中から生まれたカウンセリング・マインド

ここではカウンセリング・マインドを実践するに当たって、もっとも大事な点のみ整理してみます。

カウンセリングを世界に広めたのは「クライアント中心療法」の創始者カールロジャーズ(Rogers,C.R.)です。ロジャーズは、これまでの伝統的な面接方法がカウンセラー中心に回っていることに疑問を感じて、真のカウンセリングはクライアントを中心に回らなければならないと考えました。カウンセラーの賢明さや知識をひけらかすような面接が効果的な援助を与えるものにはならないことを、ロジャーズ自身が経験したからです。

それは暴力をふるう息子の問題を抱えた母親とのカウンセリングでした。問題の一端は、その母親がその子の幼児期に拒否的な態度で接したことにあることは明らかでした。ところが、その母親に対して今まで話された事実を引き合いに出して、母親を傷つけない配慮もしながらいろいろ説明をしてみるものの、何らの理解がえられませんでした。ロジャーズは母親との面接を10回以上も繰り返した後に、とうとう匙(さじ)を投げて、「二人で一生懸命取り組んだがどうも失敗したようだし、面接を中止しましょうか」と提案しました。彼女も同意しました。しかし、母親は部屋を出るとき、振り返って、「先生は大人のカウンセリングはなさいませんか」と尋ねました。「やっていますよ」と答えると、「じゃあ、私受けてみたいんです」と、立ち上がったばかりの椅子にとって返し、夫婦関係が困難を極めていることを話しだしました。そこからが真のカウンセリングの始まりとなり、大成功を収めたというのは有名な話です。(ロジャーズ全集『カウンセリングとサイコセラピー」より)

この経験は、その後のロジャーズを「クライアント中心」の方向へ歩ませる契機となったといいます。何がクライアントにとって重大であるか、どんな経験を秘めているのかを知っているのはクライアント自身であること、クライアントが動いていく過程や方向を信頼するようにすることが重要である、との確信を育てていきました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から