日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


筆者が、この仕事についた当初は、企業を訪ね、そうした要素も含めて「個の確立」という話をすると、まったく耳を貸してはもらえませんでした。「会社(組織)があって個人がある。会社(組織)が豊かになれば個人が豊かになる」というのが企業の言い分であり、高度成長期の当時はそういう認識が一般的でした。だが、「個人があって会社(組織)があるという視点を持つべきだ」というのが、当時も今も変わらない筆者の考えです。日本において経営に心理学の導入が進んでいるのもそのためです。企業内モラールの向上や、消費者主権の社会に企業が適応するなど、経営に心理学が役立つことが分かってきたためと言われています。

また、長年にわたって、悩むことのマイナスイメージも払拭しようと努めてきました。<悩むのはその人が自分で考えているからこそであり、そこから自分の意見やアイデアも出てきます。個人が考えなければ組織も変わっていけません。悩まない人、つまり考えない人は、会社に依存して自分を合わせることにエネルギーを使って、どこかで自分を殺していく。それでいいのか?>そうした問いかけをしても、以前の経営層は一笑に付したものです。それが今では「社員の自立」が企業にとって一つのキーワードになっています。筆者が1978年に書いた著書『変革期の産業カウンセリング』は<企業は悩まない社員を喜べるか?悩まない社員を抱えた企業は発展するか?>という疑問を提起したものです。

 

(2) 職場におけるカウンセリングをいかに実践するか

「カウンセリング・マインド」という言葉が一般的によく使われるようになり、カウンセリング的なコミュニケーションの方法について、様々な分野で興味がもたれるようになりました。カウンセリング・マインドとは、人と人とのコミュニケーションにおける基本的な心得であり、決して特別なことではありません。今後、職場の管理者がカウンセリング・マインドを自分のものとし実践していくために、まずカウンセリングがアメリカにおいてなぜ発展してきたのかを知っておくことが役に立つでしよう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から