日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

明るい社会づくりに尽くされた方々?平成12年度社会貢献者の事績?

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


大楽英子(だいらくひでこ)

(昭2.6.1生 茨城県日立市)

 

昭和39(1964)年に池の川幼稚園を開園されて以来、「差はあっても別にしない。どの子にも友だちと自然な生活を」という信念に基づき、障害児と健常児の縦割り混合保育の先駆けとなるなど、常に障害児の側に立っての教育に取り組まれている。

「池の川幼稚園」を開園した昭和39年、すでに2年間の就学猶予をしている水頭症の児童の入園申し込みがあった。初めてのことに自信を持てず、高名な教育評論家に相談したところ「丁重にお断りしたほうがいい」と言われ一度は断ったが、「一緒に遊ぶだけでも」と親に拝み倒され、引き受けられた。不安をよそに、ほかの子供たちに囲まれ、その子は片言の言葉を覚えて口にするようになり、表情も豊かになっていった。しかしその年、親元へは就学免除の連絡が届いた。小学校に来なくてよい、という意味である。さらに2年ののち、特殊学級が小学校に設置され、初めてその子は進学することができた。このお子さんをめぐる出来事が、大楽さんの障害児教育の始まりとなった。

池の川幼稚園は、障害児を受入れてくれる唯一の幼稚園として市の内外に知られるようになり、障害児の数は増えた。このため43年に障害児の特殊学級「たんぽぽ学級」を園内に増築し設置した。当時としては画期的な取り組みであり、親たちから起きた受け入れ反対運動や、幼稚園の先生と障害児を担当するセラピストとの姿勢の食い違い、セラピストたちの中での考え方の齟齬など、難しい点もあったが、根気よく取り組んでいった。そんなある日、のちに大楽さんの協力者となる教育関係者にたんぽぽ学級の話をすると「それは差別だ」と言われた。受け入れを行っていることを評価されると思っていた大楽さんには、大きな衝撃だった。が、園舎の建替えのため、健常児と障害児とが同じ教室を交代で使用するようになったとき、健常児の子どもから「ぼく、ばかになったの」という言葉が出たと聞き、大楽さんは「差別だ」という言葉を思い起こさざるを得なかった。

これをきっかけとして、昭和48年に健常児と障害児をいっしょにし(混合保育)、なおかつ年齢別を撤廃(縦割り保育)したクラスに複数担任がつくという、教育体制の改革を実行した。こうして池の川幼稚園は、縦割り混合保育の草分けとなった。複数担任制は経済的な負担が大きく、数年後には経営が立ちゆかなくなる寸前にまでなったが、行政の理解が得られるようになり、事態は好転した。やがて全国からの見学者が多く訪れるようになった。

以来、今日までこの方式は続いているが、大きい子は車いすを押したり、全盲の子の手を引いたり、子供たちは障害児へのいたわりを自然に覚えていった。現在は自閉症や知的障害、聴覚障害、身体障害など、障害の種別なく常に10人前後の障害児が在園しており、毎年、健常児と変わりなく立派に卒園していく。現在までに卒園した障害児の総数は217名となっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,592位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
2,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から