日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

(小冊子)スピリチュアル・ペインと向かい合うケア

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


科学的にいえば私たちはすべて終わりの遺伝子をもって生まれてくる。そうした中でいちばん大切なものは私たちのこころです。そのひとつは知・情・意という大脳の働きによる知的な判断力によるものです。もうひとつは私たちの感性です。その中にはspiritsという重大な役割を担うものがあります。からだという器は中に入れる水のためにあるのです。ですから、器はたとえ欠けたり、ひび割れたりしたところがあっても、水が清ければそれでよいのです。人間には何が大切かというと、目に見えないものがいちばん大切なのです。それは、器に入れた水にたとえることができます。その水はあふれたり、漏れたりしてまた大地に還り、それはまた樹の栄養となって葉を繁らせ、雨となって地を潤すのです。このようにいのちは循環しているのです。私たちの死もこの循環の中の一つとして存在しています。

すべていのちあるものの中にあって、考えること、感じること、そして感謝することは最後まで人間に与えられた特権です。みなさんはそういう方々のこころを支えることができなければ、どんなテクニカルなケアをしても、それは十分なケアとはいえないのです。

人間は病気によって変化を遂げます。しかし、病いの中で人はリバイバルするのです。夏目漱石は、修善寺の大患といわれる大吐血をしたときの経験から「私は病のうちに生き返った。私は善人になろうと思った」と書いています。病いを得たそのチャンスをいかによい条件として生かして、生きるということについて考え、感じられるように、病人をもっていくようなケアこそが必要なのです。

フランスの哲学者ベーヌ・ド・ビラン(1766〜1824)は「悩まない時には、人は自分自身をほとんど考えない。病気あるいは反省の習慣が我々のなかに下りてゆくことを我々に強いることが必要だ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,822位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
5,537

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.(小冊子)これからの医療にPOSをどう活用するか
2.(小冊子)痴呆の世界?その理解とかかわりのために
3.(小冊子)最新改訂版 尿もれにどのように対処するか
4.(パンフレット)生活医学シリーズNo.130 わたしたちの家(ホーム)ピースハウス
5.月刊広報誌「教育医療」2000年4月
6.月刊広報誌「教育医療」2000年5月
7.月刊広報誌「教育医療」2000年6月
8.月刊広報誌「教育医療」2000年8月
9.月刊広報誌「教育医療」2000年9月
10.月刊広報誌「教育医療」2000年10月
11.月刊広報誌「教育医療」2000年11月
12.月刊広報誌「教育医療」2000年12月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年1月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年2月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年3月
16.平成12年度海外医療事情調査報告書「北米の臨床医学とその研究ならびに医学プログラムの視察」
17.LPC国際フォーラム 早期退院患者ケアマネージメントに必要とされる技術とその教育
18.(小冊子)よい健康習慣は最大の財産サクセスクル・エイジングへの挑戦
19.ピースハウスふれんずNumber6(2000年9月号)
20.月刊広報誌「教育医療」2000年7月
21.みんなでとりくもう!里山の自然・文化・産業を結ぶ地域づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から