日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

(小冊子)スピリチュアル・ペインと向かい合うケア

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


“いま・ここ”での自分らしさの獲得

 

「自分らしさ」「自分としての全体性」といっても、なにか不変の確固とした形があるわけではありません。当然のことですが5歳のときには5歳児としての「自分らしさの全体性」があり、50歳の「私」には50歳なりのそれがあります。また80歳になればそのときなりの全体性というものがあるでしょう。20代の頃を思い出して体力の衰えを嘆き、「あの頃のような若さと健康は失われてしまった。せっかく獲得した全体性が欠け、年老いてしまった」と嘆くのは見当違いです。昔の自分を理想化し、「いまの自分」をそれに合わせようとするのは不健康なことです。常に「いま、ここ」にいる「私」において全体性が、健康が追求され、見いだされていかなければならないからです。20代には精一杯であったことでも、50代のいま振り返れば未熟なことも多々あった。あの頃には思いもよらなかった人生の深い味わいをいま楽しむことができる。人生、その時その時に応じての「私の全体性」があるわけです。

逆説的に聞こえるかもしれませんが、病いを得ながらも自分なりの全体性を獲得している限り「健康だ」というのです。同時に、健康診断で太鼓判を押されたって自分としては不健康をかこつということもあるということです。

ここのところをもう少し説明しておきましょう。

たとえばがんを得たとします。実際に体験なさった方にはたいへん失礼だと存じますがお許しください。がんという余分なものが発生してしまったために、その人の健康、すなわちそれまでの全体性が崩れてしまった。どうしたらいいか。余分ながんを切除するか消滅させることで、もとの全体性が取り戻せるはずです。それによってその人は癒され、健康を回復するのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,815位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
5,493

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.(小冊子)これからの医療にPOSをどう活用するか
2.(小冊子)痴呆の世界?その理解とかかわりのために
3.(小冊子)最新改訂版 尿もれにどのように対処するか
4.(パンフレット)生活医学シリーズNo.130 わたしたちの家(ホーム)ピースハウス
5.月刊広報誌「教育医療」2000年4月
6.月刊広報誌「教育医療」2000年5月
7.月刊広報誌「教育医療」2000年6月
8.月刊広報誌「教育医療」2000年8月
9.月刊広報誌「教育医療」2000年9月
10.月刊広報誌「教育医療」2000年10月
11.月刊広報誌「教育医療」2000年11月
12.月刊広報誌「教育医療」2000年12月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年1月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年2月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年3月
16.平成12年度海外医療事情調査報告書「北米の臨床医学とその研究ならびに医学プログラムの視察」
17.LPC国際フォーラム 早期退院患者ケアマネージメントに必要とされる技術とその教育
18.(小冊子)よい健康習慣は最大の財産サクセスクル・エイジングへの挑戦
19.ピースハウスふれんずNumber6(2000年9月号)
20.月刊広報誌「教育医療」2000年7月
21.みんなでとりくもう!里山の自然・文化・産業を結ぶ地域づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から